読書

[マンガ]ベイビーステップ 38巻 [勝木 光] 「エーちゃん日本代表Bチーム入りを目指し、後輩育成熱心な門馬さん戦へ」

投稿日:

※ネタバレ注意!
2016/1/15発売。


本格的テニス漫画「ベイビーステップ」38巻の感想です。

本はこちら

左が単行本、右がkindle版。
 
なっちゃん(鷹崎奈津)と手をつないで歩くエーちゃん(丸尾栄一郎)が表紙。

前巻(37巻)の感想をざっくりと


1巻まるごと、全日本テニス選手権大会 本戦。
・2回戦 タクマ先輩 戦 決着。
・3回戦 種村峰周 戦 開始〜決着。
・4回戦 吉道大樹 戦 決着。
 
タクマ先輩との試合を経て、ついにプロ化を決意したエーちゃん。
無名のエーちゃんは履歴書を作成するような営業活動を一人でスタート。
大会は不戦勝を含めて何とベスト4入り!
詳しい感想はこちら

広告
コミックレンタル

38巻の概要

今回もメインは全日本テニス選手権大会 本戦。
・エーちゃんの試合は準決勝 日本ランキング2位(第2シード)の門馬歩夢 戦序盤まで。
 
・高校チャンピオンの難波江くんは、4回戦 第3シードvs渡邊 隆敏戦 決着と、準決勝 vs池爽児戦 の第1セットまで。
 
・見所は
「プロ後のエーちゃんは「国内(日本代表Bチーム入りしてNTCで日本代表レベルと練習)」と「海外(なっちゃんは海外の大学で世界中の選手と練習)」のどちらで活動?」
「試合以上に若手育成に熱心な門馬さん」
「エーちゃん日本代表Bチーム入りをかけて門馬さん戦」
「過去のトラウマの相手池くんに、難波江くんはいつものテニスができるか?」
 
・私は試合以上に、今後エーちゃんが国内と国外のどちらで活動するか?が気になります。
 国内ならタクマ先輩や門馬さんらが、
 国外ならIMGアレックスピートらが、今後出番が増えるので。
 願わくば、厳しいプロの環境をしっかり描いてくれそうな国外編に行って欲しいです。
 
・なっちゃん家にエーちゃんが上がりこんで・・

エーちゃん
いや・・
さすがに俺も・・
変な・・
・・気分になっちゃったら困るし・・
 
なっちゃん
・・何で困るの?

さあここから!・・というところで、なっちゃんの姉 三香が部屋を覗きに来たため、強制ゲームセット(´;∀;`)
(巻末漫画、嫉妬深い父親に口裏を合わせてくれた三香に、なっちゃんから貢物が・・)

池くん相手に健闘する難波江くん

ここまでの戦いで、自分の力・脚力・経験不足を、多彩な戦略でギリギリカバーしてきた難波江くん。
 
ワールドクラスの池くん相手にも、データから守りにくい場所を攻めたり、ブレイク直後に冷静にロブを決めるなど、メンタルコントロールは完璧。

難波江くん
先に攻めたい
・・でもそれができない時はーー
その時 考えつく効果的な戦略で
騙す 逃げる 守る 躱す・・

今まで積み上げてきた全てを駆使、第1ゲームから全力で取りに行く!
 
・・そんな難波江くんを力で、技で、ねじ伏せる池くん。
現段階では池くんの方が一枚上手。

門馬さん相手に大苦戦のエーちゃん

一方、エーちゃんはこの巻では大苦戦。
 
門馬さんは試合前から期待の若手エーちゃんを最大限にリスペクト。
対戦した浅野さんから試合前に情報収集、今後の進路をアドバイスしたり、日本代表Bチーム入りを匂わせたり、試合中に「まだまだできるだろ!」とでも言いたげに苛立ったり。
勝たないまでもいい試合を見せれば、門馬さんはBチームに推薦してくれそうですが・・?
 
得意のチェンジオブペースが全く通じず、リスクの高い博打のようなショットを強いられ、やむなく持ち込んだ持久戦は「デビスカップで足の爪が剥がれてもプレーを続けるほど忍耐力がある」門馬さんの方が上手。
 
試合直前に浅野さんからアドバイスされた「守備をする必要がなく」「簡単に攻められない状況」を作り出そうと必死なエーちゃん。
ドロップを試したところで次巻へ。


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-読書
-, ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.