テレビ

[NHK大河ドラマ][真田丸]第3話 感想「身内ですら策にはめる昌幸、ドッキリに引っかかる信幸(大泉洋)」

更新日:

※ネタバレ注意!
2016/1/24(日)。


脚本は三谷幸喜2016年大河ドラマ「真田丸」第三話「策略」の感想です。

今回のあらすじ

http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/story/story03.html#mainContents

あらすじ 第3回「策略」|NHK大河ドラマ『真田丸』

昌幸(草刈正雄)は真田家の生き残りをかけ、信幸(大泉洋)に命じて上杉家に密書を送る。しかし、その動きを室賀正武(西村雅彦)の忍びが偵察していた。信繁(堺雅人)は、地侍の娘・梅(黒木華)に加勢するため、幼なじみ・きり(長澤まさみ)とともに室賀の領民たちとの争いに巻き込まれることに。
一方、高遠城に乗り込んだ徳川家康(内野聖陽)本多正信(近藤正臣)本多忠勝(藤岡弘、)らのもとに、意外な人物が現れる。

意外な人物とは、武田を裏切って織田に処罰された小山田信茂の臣下である小山田茂誠だったが。
徳川方には特に影響なかった・・。

今回の感想

ドッキリに引っかかる信幸

・織田につくと決めた真田昌幸が、どうやって領内や近辺をまとめるか?に腐心した回。
・目的のためには

真田昌幸
「敵を欺く前にまず味方から」

 身内ですら策にはめる昌幸。もう大好き。
 
・嫡男で兄という立場に苦しむ真田信幸。
 軍議に出ては「黙れ小童!」と怒鳴られ、

真田昌幸
源三郎、人は皆、己の欲のために動くのじゃ

 父の考えが理解できず、ついには大事にされてない気がしてきた真面目な男。
・最大の見せ場は、室賀を騙すための罠に利用されたこと。
 上杉からの密書の返事をを託され、佐助と二人旅立つ信幸。
 そこを室賀出裏が放った刺客に包囲され、佐助が斬られ、密書を奪われた信幸!やばい!
 ・・・しかし、上杉からの密書自体が自作自演だった。
 密書を室賀に奪わせ、信長の手に渡すことで「真田は方々から誘われている!」と真田の値打ちを高くするためだった。
 この後、佐助は普通に現れて走り去っていった。ピンピンしてる。血糊だったのあれ??「佐助がもう死んじゃう?」と驚いたのに、何の説明もない( ;´Д`)
ドッキリに引っかかった瞬間の信幸の表情は、私たちの知っている大泉洋そのものだった。
 もうこれ、完全に狙ったキャスティングだ!
・ショックを受けすぎて、出浦にフォローされる信幸。
・頑張れ信幸、君はこの大河では父と弟に翻弄される役回りだ!
 
・その点、信繁の苦悩はまだマシ。
 次男坊で軍議に出れないくらいで、恋愛を楽しむ回でした。
・近寄りがたい雰囲気の出浦に気安く語りかける社交性は素晴らしい。
 
・次回もこの三人が楽しみです!

その他

・3D地図でよくわかる、真田の勢力範囲の小ささと、小勢力が乱立していて複雑な信濃。

・前回たくさん小袖をまいたのに、まだたんまり持ってる
・武田勝頼の首供養を約束する徳川家康。甲斐信濃の統治のため人気取り政策。
本多平八郎忠勝、数珠を身につけてるのね。
 
・堀田作兵衛に飛行機ぶーんって感じで抱きついて振り回される信繁。
・櫛のデザインや箱の有無で、本命のと随分差をつけられたきり
・頑張って信繁の気を引こうとするきり。
 戦えないけど竹箒持って戦闘に参加してウロウロ。
 最後は、

きり
「あれ、脚、やっちゃったかなー、先行っててー(棒」
信繁
「私の背中に。仕方ないでしょ。」
堀田
「俺がおいましょ」
きり
「・・失礼します(信繁におんぶ)」

・このドラマ、梅といい、といい、女性が強い。
 
・小山田茂誠、運良く生き延びた!

関連記事

[NHK大河ドラマ][真田丸]第2話 感想「苦悩の果てに決断した昌幸のクジ引き。一服の清涼剤、薫の演技。」
 
[NHK大河ドラマ][真田丸]第1話 感想「ニコニコ信繁、真面目ボケ担当の信幸。昌幸の狸っぷりに今後期待。」
 
広告

真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-テレビ
-, ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.