読書

[マンガ]キングダム 41[原 泰久]「相容れない信と桓騎。地の利で圧倒的不利な密林の黒羊戦スタート!」

投稿日:

※ネタバレ注意!
2016/1/19発売。


週間ヤングジャンプで連載中、中国の戦国歴史物「キングダム」41巻の感想です。

本はこちら

左は単行本、右のkindleは2/19発売?
 
表紙は今巻の本編中に話題に出てきた、秦国の六大将軍候補の王翦、桓騎、蒙武、騰、楊端和の五人に、主人公の

前巻(40巻)の感想をざっくりと


・「毐国」「加冠の儀」「太后呂不韋と三つ巴の最終決戦」編、決着。
・長年にわたる宰相・呂不韋に、舌戦でも武力でも勝利し、秦王と正式に認められた
・作者あとがきによると、この40巻で物語の前半戦(国内統一編)が終了した模様。

その他の感想は以下。
[マンガ]キングダム 40[原 泰久]「蒙武級の武力と李牧級の知力、隠れチートキャラ昌平君。第一部ほぼ完!完結は80~100巻?」
 
広告
コミックレンタル

今巻(41巻)の感想

概要

今巻は「「太后・呂不韋と三つ巴の最終決戦」編 戦後処理」「楚国の政変」「秦国vs趙国(黒羊攻略戦) 序盤」まで。
 
・楊端和率いる山の民が正式に秦軍として中原の戦闘に参加、魏国の衍氏城を急襲して陥落!
 この漫画、「要所」と言われる城がたくさん出てくるので、「要所」の言葉の価値が下がってるような・・。まあ漫画だからいいけど。
・呂不韋ら一派への処断は半年はかかるとのこと。
 李斯らを登用するとしても、まだまだ先の話になりそう。
 
・楚国では、合従軍を率いた宰相の春申君が暗殺される!
 大将軍の媧燐は、新宰相 李園の情報収集力(隠していた私兵の数や媧燐の過去)と祖国強化への想いに賛同、宰相の一人となる。
 ついに大国楚が本気を出す?
 
・時間は特に大きく進まないまま、新編「秦国vs趙国(黒羊攻略戦)」スタート。長そう。

油断ならない「秦国vs趙国(黒羊攻略戦)」スタート

・秦国一の残虐でフリーダムな桓騎軍五万+飛信隊八千 vs 趙国 三大天に最も近い本能型の慶舎 四万+離眼城の城主紅彗馬呈劉冬ら四万 の戦い。
・桓騎は信のことを評価してるかな・・?と思ってたのに、違った。
 「元下僕」「青臭ェ戦り方やってるっつー話だけはがっかりだ」と上から発言連発。
 私の考えが甘かった、桓騎は群れない。
・信も、私の思っていた以上に桓騎に拒否反応。
 「この男への強烈な"拒絶"‼︎」と無意識に剣を抜きかけた。
 もっと気を使うかな?と思ったけど、完全にけんか腰で会議に参加。先行き不安。
 
・元夜盗が中心、略奪・虐待・女のあらゆる快楽を許可する桓騎軍。
 元農民が中心、略奪禁止の飛信隊。
 相容れないこの二軍で、強敵の慶舎に勝てるのか?
 司令官の昌平君はちゃんと考えて人選したのか?

「女つきで接待」の言葉にのせられた尾平那貴が、信の知らぬ間にお互いの一隊を入れ替えた。
 「お互いを理解するため」「お頭の戦いは早くて変化するから意図が分かる人がいないと」というが、人質をとられた気がする・・。
・残忍な桓騎軍の中でも、ちゃんと質問に答えてくれてアドバイスくれる巴印のような普通のも。
 
・場所は趙国 密林地帯の黒羊。
 森・川・湿地・丘と複雑な地形。この城はなく、5つの丘を抑えた方が勝利。
地形も、敵将も、そして味方ですら油断できない、壮絶な戦いが始まる!
 残忍なシーンが多くなりそうで、ちょっと展開が暗くなるかも・・。
 
序盤は地形を知り尽くした趙国が有利。
 船を用意して高速移動して陽動、飛信隊の行軍を止め、秦国右翼を大きく押し込んだ。
 信も馬呈に一騎打ちで劣勢、頼みの羌瘣とははぐれ、序盤はいいとこ無し。
 地の利の無さでノーチャンスの飛信隊だが、桓騎がこの失態に寛大なはずがない・・。
・飛信隊の失態により、早くも切り札のゼノウ一家を使って強引に中央の丘を取りに行った桓騎だが、慶舎自ら攻め込んできて・・。
 
広告

キングダム 公式ガイドブック 覇道列紀 (ヤングジャンプコミックス)
 


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-読書
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.