テレビ

[感想]相棒 season14 第13話「謹慎中なのに普通に活動する伊丹。ラストシーン、右京と伊丹を結ぶ信頼。」

投稿日:

※ネタバレ注意!
2016/1/27(水)。


TV朝日の人気ドラマ「相棒」第14シーズン第13話「伊丹刑事の失職」の感想です。

今回のストーリー

http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0013/

第13話「伊丹刑事の失職」2016年1月27日(水)|ストーリー|相棒14

 1か月前、伊丹(川原和久)が自殺として処理した女性の転落死が、『実は殺人だった』と告白する犯人の手記が新聞にスクープされた。そこには、犯行動機や偽装の経緯、さらには犯人しか知りえない情報も書かれていた。責任を問われた伊丹は、新聞社に手記の現物提出を要求するも拒否されてしまい、はずみで柏田編集長(野仲イサオ)を突き飛ばしてしまう。
そのころ、右京(水谷豊)亘(反町隆史)は、被害者の女性が半年前まで勤めていた旅行会社を訪れていた。応対に出た社長が、遺書と思われるメールを受け取った人物だったが、彼女が会社を辞めてから個人的な繋がりはなかったという。そんな中、問題の新聞に、『刑事が編集長に暴行をはたらいた』という記事が掲載される。それを問題視した内村刑事部長(片桐竜次)は、伊丹から警察手帳を取り上げ、自宅謹慎を命じる。
進退窮まり、自分にとってこれが“最後の事件”だと腹をくくった伊丹は、謹慎処分を無視して特命係と捜査を続行。すると、スクープを飛ばした今井(大場泰正)という記者から、思わぬ手掛かりがもたらされる。

イタミン回です。
 
広告
コミックレンタル

今回の概要と感想

ラストの右京と伊丹が微笑ましい

「伊丹最後の事件?」というあらすじだったが、大事には至らず。
 今後も伊丹刑事は健在で一安心。このドラマは平気でレギュラーを退場させる可能性があるから・・。
 
・「マスコミの正義」「振り込め詐欺」「復讐」を扱った今回。犯人は分かりやすかった。
・正義の為に偽装工作までしてしまった、マスコミ正義感と復讐心。
 しかし右京は今回も手厳しく、理解した上で、罪は罪、容赦なく犯人にトドメを刺す。
 
個人的ハイライトは、ラストの「花の里」シーン。
 右京と亘が店に入ってきたら、警察手帳を見せて謹慎が解けたことを伝え、一礼して何も言わずに去り、お礼の言葉は月本幸子を介して伝えてもらった伊丹。
 素直じゃないが義理はしっかり果たす照れ屋の伊丹と、何も言わずに納得する右京。
 長い付き合いの二人は信頼で結ばれており、言葉は不要、これだけでよかった。
 このシーン、微笑ましかった。

謹慎中なのにやりたい放題の伊丹

誤捜査により警察手帳を取り上げられて謹慎になった伊丹だったが、普通に活動。
 
『刑事が編集長に暴行をはたらいた』と言っても、去ろうとする編集長をちょっと止めただけだった。それが記事になって新聞バカ売れとは、いい商売なニッカンプレス。
・特命係を訪れ、恥をかなぐり捨てて、

伊丹
「おそらくこれは自分にとって最後の事件になります。ですから・・」

 右京に頭を下げようとしたら、亘が代わりに承知したので「お前じゃない」という伊丹の表情。
 
芹沢の生ぬるい取り調べにイライラする伊丹。
・謹慎中なのに普通に鑑識の部屋に入ってる伊丹。しかも米沢さんらの仕事にハッパかける。
・普通に取調室に入ってきてる伊丹。

その他

角田課長
「いいね、忙しくて」

 今回は暇な角田課長でした。
 
広告

相棒season13 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-テレビ
-

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.