コンピュータ 読書

全ては円滑なスキャンのために 二日間で自宅の大量の本を自炊(電子化)します 一日目の結果

更新日:

おはようございます。

昨日の更新の続きです。
二日間で自宅の大量の本を自炊(電子化)します 一日目

一日目の作業進捗ですが、5時間で文庫本小説26冊完了。データ量は1,2GB。本棚全体の5%くらいしか終わってません_(:3 」∠ )_
スキャンに想像以上の時間がとられてます( ;´Д`)

※広告

10時半に佐川さんによって荷物到着。
20140122-030447.jpg
ダンボールでかい(;・∀・)

で、開封して作業を開始したのが夜10時半
体調悪くてずっと寝てました_(:3 」∠ )_
20140122-030500.jpg
DMMからの注意書きが入ってました。
翌日17:00までに自分で佐川さんに電話してくれ、ソフトはアンインストールするように、などなど。
20140122-030509.jpg
裁断機と説明書。
指を挟まないためのストッパー、切断箇所にレーザーが当たる、など、安全対策ばっちりでした。

今回借りたタイプでは、厚い表紙は切れないので、事前に手動でちぎります。また、文庫本だと一度に150ページ程度しか切断できないので、手動でちぎって分割します。
ここで綺麗に切断しないと、後でスキャン時にエラーが高確率で発生します。はさみで丁寧に切断面をきります。

うっかり活字部分をきったりしましたが_(:3 」∠ )_
まあ裁断機自体は特に問題なかったです。

そして、切断後の紙を、ぺらぺらとめくって、ひっつきをとります。これをやらないと、スキャン時に2枚以上を同時にスキャンしてしまいます。

そしてトントンと綺麗に紙を整えます。スキャン時に紙づまりにならないようにです。

そう、自炊は「スキャンをいかにスムーズに行うか?」が鍵でした!
20140122-030526.jpg
スキャナ。
すっすっ・・と読み取ってくれます。速い!
騒音はプリンタの紙読み込みと同じくらい。
ページ重なりや、紙づまりが発生すると、検出して作業が止まります。これは嬉しい!エラー後も、すぐに作業を再開できます。これは便利(・∀・)

問題はエラー時。自動化作業がストップし、手動でエラーを解決しなければならず、多くの時間がとられてしまいます。。裁断が雑だと紙づまりが頻発します。

また、一度に100ページ以上セットすると、紙送りエラーが発生しやすいです。文庫本一冊が300ページとすると、3回手動でセットが必要。1冊に3回も手作業が発生し、その都度流れが止まります。
そしていくら高速といっても、紙一枚ずつのスキャンですから、全部終わるまでにけっこう時間がかかります。

このスキャン作業で、一番時間がかかってます。。

作業開始が遅くなったせいもありますが、これは文庫本を自炊するだけでタイムリミットがきそうです。残りの雑誌やマンガは、もう一度レンタルして自炊することになりそうです_(:3 」∠ )_

とりあえず、今日の17:00まで、できるところまでやります。。

広告

広告

-コンピュータ, 読書
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.