読書

300万円で大家になって地方でブラブラ暮らす法 加藤ひろゆき 「文章から漂うブランドとバブル臭」

更新日:

前回、賃貸について書きました。
情報収集してから不動産屋へ「安い・よい賃貸物件選び」のコツ  節約生活・小遣い稼ぎ(初級編7)

今回はその流れで、不動産収入についての本の感想です。楽天Koboで購入。

正直、読むのが辛かったです。
役立つ情報はありましたが、文章が生理的にキツかったです(´・ω・`)

※広告

●概要

・競争が激しい首都圏でなく、北海道のような地方の大都市の方が、安い投資で十分な不動産収入が得られることを主張。

・作者はアメリカのロサンゼルスで、一時は俳優で成功したものの、やがて夢破れて日本に戻る。その後北海道の実家を拠点に、わずかな資金で不動産投資・運営により成功した。

・中古市場から高級外車やバイクを修理・塗装・改造して売ることでも儲けている。

北海道の具体的な成功・失敗事例が豊富。

・不動産投資ビギナーは人と同じ事をしているので成功できない。著者は人と違うこと(地方の不動産で儲ける)をしたので成功した。

・シンプルなイラスト入り。

▲目次へ


●感想

・文章のテンポが悪い。
 「ワタクシ」はよいとして、「6気筒(6戸)」のように置き換えるくらいなら最初から「6戸」と書いてくれという場所や、「鬼のような指値(商標登録申請予定)」のような意味不明なギャグ?。しかも複数箇所に。

・高級外車やバイクが多数登場。なんだか自慢している感じで、バブル時代のオヤジっぽい( ;´Д`)

・役者時代の話が単なる自慢っぽい。

・本の半分くらいが自分語り。そこまでこの作者が好きになれなかったので、どんどん読み飛ばした。

・これを読んで、不動産投資ができるようになるか?というと・・。利回りとか国道沿いとかポツンポツンとキーワードは出るけど、必勝法は自分でみつけろということかな。

・イラストや文体から、金持ち父さんの匂いがするな〜と思ったら、やっぱり( ;´Д`)
 まるまる一章ロバートキヨサキへの阿諛追従。最後は記念写真。勘弁してくれ_(:3 」∠ )_

▲目次へ


●こんな人にオススメ

・地方都市(特に北海道)で不動産投資をしたい方
・ブランドのクルマ、バイク好き
・マドンナ好き
・オヤジ風味の文章やギャグに違和感を感じない方
金持ち父さん好き

▲目次へ


●最後に

不動産投資の本、まだ当たりをひいたことがない・・( ;´Д`)
金持ち父さんへの嗅覚が強くなるだけだ・・( ;´Д`)

▲目次へ


※広告


※関連記事
年収1000万円の貧乏人年収300万円のお金持ち 伊藤邦夫 「金持ち父さんの影」
フツーのサラリーマンが週末副業を始めてみた 細田 明佑 「急にフツーでなくなった」

( ・∀・)つ最後にシェアをお願いします!

広告

広告

-読書
-, , ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.