コンピュータ ブログ関係

アクセス数1/3にガタ落ち?アメブロの罠?独自ドメイン移行は正解だった! 2014/1/4〜1/31アクセス解析

更新日:

おはようございます。今年一番の冷え込みですか。出勤、お気をつけて。

今回は2014/1/4〜2014/1/31のアクセス数(ページビュー)を公開します。
(※Google Analyticsとjetpackの登録&解析は1/4から開始)

GoogleのGoogle Analyticsだと2,284ページビュー
WordPressプラグインのjetpackだと2,344viewでした。

2013/12のアクセス数は6,563(アメブロ)でした。1/3になりました( ;´Д`)
理由は、皆さんに見捨てられた場合は除くと・・、アメブロのアクセス数が信用できないのでは?と考えています(;・∀・)

※広告

●グラフ

●Google Analytics
Googleが提供するウェブ解析ツール。リアルタイムアクセス数など詳細な解析に役立つデータを取得可能。
Google アナリティクス公式サイト - ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス
アクセス数
(大きな画像はこちら
2月のデータが数値には加算されていますが、1月分はポップアップ部分の数値。
いろいろツッコミ所や要チェック部分はありますが、まぁ来月にします。

●jetpack
WordPressのプラグインの一つ。
WordPressのダッシュボード(管理者ページ)から簡単にアクセスでき、記事毎のアクセス数などが簡単に分かる。
今回は月別アクセス数のみ表示。
Jetpack for WordPress
アクセス数jetpack
Google Analyticsとjetpackの数値が違う理由はなんでしょうね?後で調べます(;・∀・)

●アメブロ12月アクセス数
2013/10/1〜2013/12/30のアクセス解析 実は暗躍してました
より抜粋。
blog_import_52c24f4dd0a11
▲目次へ


●考えられる理由

・ユーザに飽きられた or つまんなかった or どうでもよかった _(:3 」∠ )_
・私のユーザは、宣伝方法からtwitter経由が中心(のはず)。twitterでは数年前からサッカー用アカウントを作成しており、約700フォロワーの大半はサッカー関係者のはず。
 12月はJリーグ最終戦、天皇杯の記事を書いたため、アクセス数が特に多かったのでは?
 1月はサッカー記事が少なかったのでアクセス数が減ったのでは?
アメブロでは本物の訪問者が少なかったのでは??(後述)

▲目次へ


●アメブロの罠?

実は、アメブロの旧ブログ、今日の時点でも、未だに毎日20〜30アクセスあるんです( ;´Д`)

「引越しに気付いてないのかな?」「ひょっとしてアメブロもコピーとして更新した方がいいのか?」と当初は考えました。

そこで新ブログ更新記事へのリンクを貼ったりしたのですが、新ブログのアクセス解析をみると、どうも旧ブログから来た人がいないっぽくて。

「なんじゃこれ?」「ひょっとしてbot(自動ツールのこと)?」と怪しんでいたら、以下の記事をみつけました。
アメブロスパムにお悩みの方へ!不正横行の原因と対処法
>ツールによるスパム行為

うわー、やっぱりかー?( ;´Д`)
私のアメブロのコメントにも、9割は怪しい人が書き込んでたし、その人のサイトは陳腐なアフィ専用サイトだったし。。

ここから「アメブロのアクセス数のいくらかはツール?」「新ブログのアクセス数が本物の人間によるアクセス数では?」と考えました。

いやはや、「12月は6000もアクセスがあったぜ!これなら独自ドメインに移行したら十分稼げる!」と思ってた昨年の自分の頬をひっぱたきたいです( ;´Д`)

で、「アメブロ アクセス数 急に増える」でググると、あらららら・・( ;´Д`)

正直、3か月でアメブロをやめて正解でした。間違ったデータに振り回されるところでした。。

▲目次へ


●最後に

前述の引用記事を読むと、WordPress、独自ドメインだからといって、ツールによる被害はあるみたいですね。。

ともかく、目先のアクセス数に振り回されず、いい記事を書いて皆さんにみてもらえるよう、頑張ります!(`・ω・´)

▲目次へ


※広告
はっちゃんのWordPressセミナー 詳細
“”


※「ブログ運営」に関連した記事もどうぞ。
武器としての書く技術 イケダハヤト 「圧倒的なページ数で書く技術を公開」
アメブロ→FC2→WordPressでブログ引越し ブログ引越し顛末記7


( ・∀・)つSNSボタンクリックで茶さんを応援!

広告

広告

-コンピュータ, ブログ関係
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.