うつ病 働き方

うつ病に負けました その6 うつ病後の行動1

更新日:

関東はまた気温が上がるみたいです。もうやめてー_(┐「ε:)_

※広告

今回は、うつ病後の行動について書きます。
結論は、
精神科または心療内科に早く行くこと、
そしてストレスの原因から遠ざかって休養すること、
です。
私は二回うつ病になりましたが、今回は一回目の行動を書きます。
●一回目
以下の順で病院に辿り着き、
ストレスの原因である会社を休みました。
軽度のうつ病だったようで、
一ヶ月の休暇と一年の通院で治りました。
会社の上司に体調不良を相談
→会社のカウンセラーを薦められる
→精神科か心療内科に行くことを薦められる
→自分でネットで検索して自宅近くの心療内科(○○○○ 心のクリニック)に辿り着く。幸い数日後に予約取れた。
→うつ病の可能性が高いと診断され、
「急ぎ一ヶ月休みが必要」という診断書をいただく(五千円くらいかかる)。
医者はまあまあ、薬の処方もまあまあだったと思います。
→上司、部長との三者面談で診断書を提出する(散々部長に嫌味を言われた( ; ω ; ))
→まずは有休と生活支援休暇を使い、足りなければ休職することになる
→実家に帰らず、ダラダラ自宅で過ごす。
実家の母親に毎日電話してもらい、孤独になることを回避、
友達に薦められたモンハン2Gにハマる(・∀・)
→幸い一ヶ月でほぼ治ったので、休職しなかった。
簡単な仕事を割り当てられ、じょじょに負荷をあげてもらった(・∀・)
上司に感謝!
→その後も一年くらい通院し、薬を飲み続けた
→一年経って調子が元通りになる(・∀・) (寛解という)
→ところがいつまでも医者が「もう来なくてよい」と言わないので、自己判断で通わないことを決意( ;´Д`)
→特に医者から電話とかからず、薬を飲まなくても大丈夫だった(・∀・)
→完(・∀・)

次回は二回目の行動を書きます。

広告

広告

-うつ病, 働き方
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.