とかいなか暮らし

海の田舎

更新日:

おはようございます。
少し持ち直したので、再開します。
※広告

今回は、
漁師をやっている親戚の話をします。
漁村もかなり厳しい生活のようです。
{3B1C034A-C435-4015-972E-CF597D952A98:01}
とある日本海に面する、寂れた港町です。
昔は賑わってましたが、
漁の中心が別地域に統合されたため、
市場は潰れ、
高齢化で後継者もなく、
寂れるいっぽうです。
docomoしか電波が入りません。
{FF9A9546-3C5B-4D14-822F-682C9C6DBEF6:01}

{9958F403-C1FE-4F76-889C-B00B807860A2:01}

景色は最高です(*´ω`*)

冬は、山陰名物の曇り空と強風のため、
外に出るのが辛く、
漁もろくにできないそうです_(:3 」∠ )_
{F74B4A70-4F54-4B93-A626-FA30B4E6EEC0:01}

こち亀に出そうなお店です。

小さい頃からお婆さん、
今もそのお婆さんが店番しています(;・∀・)
{C6F6390D-92C8-476A-B081-3DDE0C67C71F:01}

人間より猫の方が数が多いです(;・∀・)

猫天国で幸せです(*´ω`*)
よくおじさんが釣れたての魚を
さばいてくれるので、
とても美味しいお刺身にありつけます。
都会のスーパーの刺身は、
味がなくて食べられません。。
島根県名物?の魚「のどぐろ」は、
この辺りでは雑魚魚だったそうです。
都会では高級魚になってるみたいですね。
私も関東で初めて食べました(;・∀・)
漁師は年収数百万以上の稼ぎがあります。
でも、船の修理や専門の高価な機械で
出費も数百万するそうです。
天候が酷ければ収入もありません。
ハイリスク、ハイリターンです。
最近は温暖化で魚の配置が変わり、
ますます厳しくなったとか。。
それでも、携帯電話のおかげで、
漁に出ているときでも
連絡が取れやすくなりました。
昔は無線しかなかったそうです。
この辺りの民家は空き家が多く、
月五千円で一軒家に住めるそうです(;・∀・)
漁師も人手不足なので、
希望者は喜ばれると思います。
ちなみに私は、
体力が絶望的に無いし、
船に乗って五秒で船酔いするので、
漁師はできません_(:3 」∠ )_

広告

広告

-とかいなか暮らし
-

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.