読書

グラゼニ 12巻

更新日:

おはようございます。
昨日から熱海の温泉宿に泊まっています。
体と心に余裕がある間は、
できるだけ外に出たいです。
旅行記も書いてみたいです(・∀・)
※広告

 
今回はマンガ本の感想です。
グラゼニ(12) (モーニングKC)
アダチ ケイジ
講談社 (2013-10-23)
このマンガは、少し前に、
将棋系?サッカーライター、
川崎フロンターレの記事でおなじみの
で知りました。
「グラウンドにはゼニが埋まっている」
をメインテーマに、
プロ野球の年俸、ドラフト、マスコミ、
スポンサー、税金、家族…などを題材とした、
他とは一味違う野球マンガです。
今回も全ての話が面白かったです!
会えて既刊と違い興味深かったのは、
以下の話です(・∀・)
・連敗中の
    新人監督&マネージャー 対 コーチ陣
    の空気の微妙さを扱った
  「影のヘッドコーチ」
・アメリカで試合に出れなかった
    メジャー選手の日本での出直しに
    おける心境を扱った
    「メジャー帰り」
サッカーやフロンターレに置き換えても、
いろいろと重なりますね(;・∀・)
将来のネタ切れが怖いこと、
字が多くて疲れるかもしれないこと、
がネックですね。
個人的には、
できるだけ長く続けてほしいマンガです。

広告

広告

-読書
-, , ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.