サッカー

[Jリーグ]川崎ー清水[2013川崎]

更新日:


こんばんは。
昨日は私の記事に多数アクセスしていただき、ありがとうございましたm(_ _)m
今回は、Jリーグ 川崎フロンターレー清水エスパルス戦の感想です。

※広告

{0368FD7F-1684-429F-8E0C-800D0CCC8643:01}
なお、体力温存のため、私はあまりイベントを回らなかったので、以下のサイトなどをみてください。< J'sGoal

公式結果は以下です。
川崎公式HP

結果は2-0で川崎の勝利でした。
清水の守備が効果的でなかったこと、清水の192cm92kgのFWラドンチッチを抑えたことが勝因かな?と思います。

川崎は中村憲、ジェシ、稲本、田中祐、清水はヨンアピン、高木俊と、主力選手が抜けたためか、最初は特に川崎がバタバタしてました。

前半は川崎ペース。
清水がゾーンディフェンスかつウエイト優先の守備っぽく、川崎のボールホルダーへのチェックが遅れ気味で、勝負所、特に川崎の大島は余裕を持ったプレーができていたようでした。
鹿島や浦和に比べると、守備がやや弱かった気がします。

決定機は川崎が多いものの決め切れず。
清水はFWラドンチッチのフィジカルを生かしたプレー、負傷交代したものの大前のドリブルがよかったです。

それでもラドンチッチを抑えたのは、川崎の井川と中澤が、文字通りあらゆる「手」でファウルギリギリのプレーで頑張ったため、と思います。
後ろから見てたので、二人とラドンチッチの戦いは激しかったです。

後半もペースは変わらず。
大久保の入ってくる動きからのゴールは見事でしたが、アシストの大島(山本の間違いでした)が、一瞬ルックアップして余裕をもってふんわりセンタリングをあげたのが印象的でした。
ちょっと大久保やレナトがゴールに執着しすぎて2点止まりでしたが、シンプルにプレーしてたらもっと…?

清水は攻撃のカードが弱かったのが痛かったですね。< ペナルティエリア内の怪しいプレー二つがPKになっていたら、もっとエキサイティングな試合になったかもしれません。以上です(・∀・)


( ・∀・)つこちらの記事もどうぞ!
シャ乱Qのまことが富士山の庵でアウトドア満喫! いなか暮らしの本 2014年 03月号


※広告


▲記事の先頭へ
( ・∀・)つSNSボタンクリックで茶さんを応援!

広告

広告

-サッカー
-, ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.