働き方 読書

一日も早く起業したい人が「やっておくべきこと・知っておくべきこと」 中野裕哲

更新日:

おはようございます。

※広告


今回はそのものズバリな本の感想です。

もしも私が起業するときのために、
いくつか買い漁った本の一つでしたが、
現役の起業コンサルタントだけあり、
例・図・表・チェックリストが
シンプルかつ豊富かつ具体的で、
とても参考になりました。
今後、何かにつけてこの本を参考として挙げたいと考えています。

以下、特に参考になった点をピックアップします。
●第2章 ビジネスプランの決定
・自己分析の図。
 →後日このブログで私の分析を公開してみます。
・価格だけが特徴のビジネスは絶対にやるな!
・「許認可が必要な主な業種」一覧表。
→日本のビジネスは品質について信頼できる理由だなと感じた。
・事業計画書のフォーマットなど。
→Webからダウンロードできるなんて便利!

●第3章 組織形態を決める
・ノーorローリスクにしたいので、
 個人事業しかないですが、それでも
 「個人と法人の違い」一覧表は分かりやすくて参考になりました。

●第5章 集客を考える
・いろいろな宣伝方法とコストを記載。
→特にデメリットが容赦ないw

第6章 誰に協力してもらうか
・「4 外部の専門家を確保する」では、
 「起業に関する専門家」一覧表を記載。
→行政書士、弁護士、コンサルタント、税理士、弁理士の違いが
 よくわからなかったのでとても助かった!

第7章 起業家に必須なものとは
・「2 信用が必要だ!」には、
 税金や公共料金の滞納、余分な借金が
 操業融資の審査に影響するのですね。。
・「5 家族の理解が必要だ!」は、確かに。。
 私も両親を説得するのが大変です。。

第8章 さまざまなリスクを回避するには
・「ダメなら素直に変える」
→ノーorローリスクビジネスで行きますので、
 肝に銘じておきます。
・「7 知らないことやできないことは人に頼る」
→SE時代は、プライドやらスピードやら過信やらで、
 何でも自分でやりがちでしたが、
 考え方を変えます。。

著者への無料相談もあるみたいなので、
何かあれば相談してみたいと思います(・∀・)

広告

広告

-働き方, 読書
-, ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.