サッカー

追)J2-JFL入れ替え戦1st 先に茹であがるのはカニかうどんか

更新日:

おはようございます。
今、羽田空港です。
これから香川県に向かいます(・∀・)
目的は、
J2-JFL入れ替え戦 第一試合、
カマタマーレ讃岐ーガイナーレ鳥取
を観戦するためです(・∀・)
同じ山陰地方のJリーグクラブとして、
ガイナーレ鳥取を応援しに行きます。
ついでに香川県に行ったことがないので、
観光もしようかなと。
これがサッカー観戦の醍醐味ですね(・∀・)
※広告

公式結果は以下です。
入れ替え戦は
二試合の合計結果で決まり、
鳥取が負けた場合は、
来年J2からJ3に降格となります。
降格した場合、
スポンサー減、良い選手の移籍などで、
クラブは致命的ダメージを
くらうかもしれません。。
だから、鳥取側としては、
この戦いは絶対に負けては
ならないのです(`・ω・´)
はたして茹であがるのは、
鳥取(この季節はカニが特産)か、
讃岐(讃岐うどんが有名)か?
( ・∀・)つ旦( ・∀・)つ旦( ・∀・)つ旦( ・∀・)つ旦
1-1のドローでした。
{CABC4D1F-1685-40CD-8CEE-DBA00D47BCBF:01}

試合は讃岐が優勢でした。
よく鳥取は追いつきました。
試合前は、
「讃岐の方が勝ちグセがついてて、
勢いは讃岐にあるものの、
個人能力は鳥取が上」
とみていましたが、
個人能力すら讃岐が上回りました。
さらに讃岐は組織力でも上でした。
DFラインを高く保ち、
前線は鳥取DFの裏を絶えず狙い、
ズルズル下がった鳥取DFが空けた
スペースを讃岐の中盤がうまく使い、
ゴール前まで迫り、
ガンガンミドルシュートを
打ってきました。
町田にいた讃岐の木島は
相変わらずスピードもあり、
恐ろしい存在でした。
鳥取は久保に頼るばかりのキツイ展開。
後半いきなり讃岐が先制したときは、
スタジアムが歓声で震え、
ベンチから選手が飛び出して喜んでいて、
今の鳥取にはない一体感を感じました。
それでもその直後、
センタリングから
森がヘッドで決めて同点。
まさに値千金の一撃でした。
その後、ようやく鳥取の動きがよくなり、
なんとか互角の展開になり、
そのまま試合終了。
アウェイゴールの差で、
次の試合は0-0でも勝てますが、
やはり厳しい戦いになるでしょう。
もはや神に祈るだけです。

広告

広告

-サッカー
-, ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.