うつ病

うつ病患者にとって、恐怖の冬がやってきた

更新日:

夜が怖いです。

うつ病の症状のひとつ、
早朝覚醒や寝つきの悪さにより、
夜起きている時間が長いからです。

※広告

テレビもやってないし、
散歩に出かけるわけもいかず、
頭はぼんやりしてて
本もゲームも楽しめず。
朝までひたすら耐えています。
日が昇ると、
心からほっとします。
冬が怖いです。
太陽の出ている時間が短いからです。
うつ病の対策として、
太陽の光を浴びることが挙げられます。
浴びることでセロトニンが
どーたらこーたらして治るとか。
冬になると、
日の出が遅く、
日の入りが早くなります。
気分も滅入ります。
日本の冬の間は、
南国に行くしかないのかな?

広告

広告

-うつ病
-

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.