テレビ

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 (19) 感想 「小心者の保身ほど怖いものはない」

更新日:

今回は軍師官兵衛 第19話「非情の罠(わな)」の感想です。

ついに官兵衛の人生最大の苦難、投獄編が始まりました。
投獄の元々の原因は、親子二代で仕えてきた主君、小寺(片岡鶴太郎)!!
いくら私でも、これ以上片岡鶴太郎を擁護する気にはなれませんね( ;´Д`)
私にはまだ宇喜多直家(陣内孝則)がいるので、鶴ちゃんいなくなってもまだ大丈夫
 
※広告

公式HPのあらすじはこちらです。
あらすじ | NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」

今回の感想

・ついに荒木村重謀反!
・秀吉、明智光秀が説得・・って、こんなお偉いさん2人を出すものなの?(;・∀・)
・案の定、兵に包囲!・・って、「お引き取り願おう」と手ぶらで返す優しい荒木村重(;・∀・)
・明智光秀にも謀反を勧める荒木村重。こうかはばつぐんだ!( ;´Д`)
 
・突然机を刀で叩き割る信長。こえーよ( ;´Д`)
・竹中半兵衛、ついに病床のシーンが登場。この人も先が・・( ;´Д`)
・ここで、片岡鶴太郎が毛利に寝返った!あのバカやりやがった!!Σ(゚∀゚ノ)ノ
 
・あれだけ支えた黒田職隆(柴田恭平)ですら片岡鶴太郎に会えない。もはや説得は無理。
・片岡鶴太郎「今度こそわしの見立てに狂いは無い!」いやダメだろ。
・正室だし、荒木村重の謀反を説得。ここで正室に止められるなら世の中は平和。
・正室だし、続いてキリシタン大名高山右近を訪ねる。
 かつて高槻城をのっとった過去を暴露。
 そして、救ってくれた荒木村重についていくと明言。これほどの人物がねぇ。。
 
・荒木村重の謀反で深酒する信長。少しずつ表情が鬼になってきたよ・・( ;´Д`)
・松寿丸の身を案じる、信長の正室おね。人質の命は風前の灯火。
 
・一方、姫路城の黒田一族。昔年の恨みで小寺を攻め込もうとやっきになる。気持ちはよ〜くわかる。
・それでも片岡鶴太郎を説得しにいく官兵衛。もう捨てていいと思うけどねぇ(・ω・;)
・光と別れのチュー・・しないで耳を触るだけだったのは、NHK補正?
 
・あれ、片岡鶴太郎、官兵衛と会うの?
・あ、官兵衛を毛利につくよう説得するのね(;・∀・)
・官兵衛が爽やかな表情で説得。顔を背ける片岡鶴太郎。
 「正面から睨まれて顔をそらすのはやましい気持ちがあるから」という心理学があったような。
「荒木村重が謀反をやめるなら、わしも考え直す!」と発言する片岡鶴太郎。
・片岡鶴太郎、ここに来てまた風見鶏・・ではなさそうだぞ?(・ω・;)
 
・竹中半兵衛、自分の後を官兵衛に任せると発言。でも止められない。元気だったら叱りつけて止めてたよね。
すんごい人相の悪い、堺の今井宗久登場。
・竹中半兵衛、官兵衛の部下をひきつけ、一人で有岡城に向かわせた!Σ(゚∀゚ノ)ノ
 部下の身を案じてのこと・・だが、部下としては納得いかんよね、これ!
 
・官兵衛、有岡城に到着し、荒木村重と接触。
・片岡鶴太郎の書状「官兵衛がそちらに行くので殺してくれ」
・片岡鶴太郎「官兵衛を毛利への手土産にしよう!わしは間違ってない!間違ってない!」
 周り「殿は間違っていません!」
 自分を第一に考えるあまり、周りのこと、かつての恩義、世間の評価、etc・・に気が回らない。
 小心者の保身ほど、世間をひっかきまわす。これほど怖いものはない。
 
・それでも、官兵衛を殺したくないと、投獄で許してくれた荒木村重。甘い男だ(´;ω;`)
・久しぶりの戦闘シーン!どれだけ戦闘シーンが少ない大河ドラマなのだ。
・そして投獄生活が始まる!
・来週もげんなりする展開だねぇ(´・ω・`)
 

前回の感想

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(18)感想 「最後まで信長は信じていた」

次回の感想

//tokainakurasi.net/archives/3759

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(21)感想 「悲しみが全面に出過ぎてう〜ん・・」


※広告


( ・∀・)つ最後にSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 

広告

広告

-テレビ
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.