サッカー

[2014][ACL][感想]川崎(日本)ーFCソウル(韓国)ラウンド16 2nd「真の戦いの始まりは川崎得点後」

更新日:

おはようございます。

今回は5/14(水)19:30キックオフ(日本時間)、ACLラウンド16 2nd FCソウル(韓国)ー川崎フロンターレ(日本)戦 の試合前記事です。

今回はテレビ観戦します。
(今回は日テレ系でなくスカパーのスカチャン0でテレビ放送のため、スカパーのサッカー系セット契約者は視聴可能なはず。)

1stを2-3で破れ、ソウルにアウェイゴール3点を献上してしまいました。
2試合合計得点でソウルを上回るか、相手以上のアウェイゴールを得点しての引き分けでなければ、 ACL敗退が決定します_(┐「ε:)_
それを抜きにしても、非常に厳しい戦いになると思います。
どうか、最後まで前を向いて、川崎らしく戦ってほしいですね。

※広告

●スタメン・速報・試合記録

 ※リンク( ・∀・)つゲーム記録・速報 - 2014/ACL ラウンド16
第2戦 vs.FCソウル : KAWASAKI FRONTALE


●スカウティング情報まとめ

 
※相手を過剰に貶めたくはありませんが、このような文章になったこと、お許しください。。
 

・前回対戦時のブログ記事

 
 ※参考( ・∀・)つ[2014][ACL][感想]川崎(日本)ーFCソウル(韓国)ラウンド16 1st「楽勝ムードが一つのミスで一変」
 
2−3で敗戦。
思い出したくもない_(┐「ε:)_
アウェイゴールを3点取られたので、2ndを含む、2試合合計得点が同じ場合は川崎の負けです。
 
▲目次へ


・2014年ACL予選第4節 FCソウルーサンフレッチェ広島

 
ホームFCソウルといえば、2014年ACL予選、広島との試合が物議を醸しました。
誤審だけならいいんですが、それ以外にもいろいろあったようです。
 
以下のリンク先に詳しいので、引用させていただきます。
 ※リンク( ・∀・)つ楽韓Web : サンフレッチェ広島社長「抗議文を書いていたらFCソウルに電気を消された」

 一つは、最初の抗議文は試合終了後から原則2時間以内に提出しないといけないから、試合のスタジアムの中で作成する準備を進めたわけです。
その作業のために使っていたのは、我々の選手たちが使っていたドレッシングルームの隣の部屋だったのですが、そこでの作業中に二度にわたって部屋の電気が消されてしまいました。
 
 また、できるだけ正確にマッチコミッショナーに対して文章を提出したいと考えましたので、運営側に「試合のビデオを見せてほしい」と求めたわけです。
すると「ビデオデッキの調子が悪くて、ここでは再生できない」という返事がありました。
ところが、FCソウルのチェ・ヨンス監督は記者会見で「ビデオで確認したが、明らかなPKだ」とコメントしているわけです。

この矛盾をどう捉えれば良いのでしょうか。

 
同様の内容は、先週のサッカーダイジェストにも掲載されていました。

 
▲目次へ


・真の戦いは川崎得点後に始まる?

 
さて、アウェイゴール3点分有利なソウル。
まずは1st前半で有効だった、5バックどん引き守備&カウンターをまずはファーストチョイスするでしょう。
0−0で試合が推移、またはソウル先制時は、普通の試合が続くでしょう。
 
問題は、川崎が先制した場合。
その瞬間にスイッチが入り、勝利のために、ソウルが豹変する。
ピッチ内外で。

2014シーズン、Kリーグで11と低迷するソウルは、ACL成績にかけていると思われますので、そうなる気がしてなりません( ;´Д`)
 
川崎ゴール前で吉本新喜劇が開幕するくらいは覚悟しております。。
 
昨日、
川崎が今回の試合の前日記者会見を無断欠席し、罰金が科せられる
という情報をTwitterで見かけました(真実と詳細は不明)
私は「戦いは既に始まっている」とみましたが、さて?(詳細がわかり次第、ここを修正します)
 
▲目次へ


・Jリーグ AFCチャンピオンズリーグ プレビュー

 
2点差勝利は十分可能。自分たちらしさを貫き、逆転で準々決勝進出を!2014FIFAワールドカップブラジルメンバー入りを果たした大久保 嘉人のプレーにも注目だ

一般的に言って、アウェイゴールルールが適用される試合において、ホームで3失点しての敗戦は痛い。
続くアウェイの試合では、失点をしないよう戦いつつ確実に得点を決めなければならず、荷の重いタスクとなるからだ。
ところが川崎Fの選手たちの表情はそれほど厳しいものではなかった。

単なる強がりか、やっひーの洗脳がうまくいったのか
 

アウェイゴールを3点持ち、ホームで戦えるという点で有利な心理状態に立つソウルについて、警戒すべき選手の筆頭としてMFユン・イルロクの名前を上げておきたい。
等々力で行われた第1戦で1トップのFWエスクデロ・セルヒオを支える2列目に入ったユン・イルロクは、豊富な運動量で川崎Fにプレッシャーを仕掛けるいやらしい働きを展開していた。
そのプレッシャーが功を奏したのが、51分のこと。
ボール処理をもたつくDF中澤 聡太にプレッシャーを掛けてボールを奪うと、ソウルの1点目となるエスクデロのゴールをアシスト。
さらに2-2で迎えた後半アディショナルタイム3分にはDFジェシにプレッシャーを掛けて入れ替わり、難しいGKとの1対1を落ち着いて決め、ソウルをアウェイでの逆転勝利へと導いた。

中澤、今度は抑えろよ!(#ФωФ)
 
▲目次へ


●イベント、スタジアム、グルメ情報

アウェイなのでわかりません(;・∀・)
 
▲目次へ


●最後に


( °ω°).・.
 
あれだけの目にあったのに、まだやる気なのか!
 ※あれ( ・∀・)つ[ACL][試合前]川崎(日本)ーFCソウル(韓国)ラウンド16 1st「この試合で圧倒的有利に立たなければ」「ヒロキー、今度は監禁」
 
ヒロキーのためにガンバレ川崎!(`・ω・´)
 
▲目次へ


 
※広告


( ・∀・)つ最後にSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!

広告

広告

-サッカー
-, ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.