テレビ

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(22)感想 「絶望!宇喜多直家、死亡フラグ立つ!」

更新日:

今回は軍師官兵衛 第22話「有岡、最後の日」の感想です。
 
くじけそうだけど、頑張ってドラマ最終回まで感想書きます!
今日は陣内孝則(宇喜多直家)が出るし!ヽ(゚∀゚)ノ
・・って、死亡フラグ立っちゃったーーー!(´;ω;`)
 
官兵衛救出も、半兵衛の最後も、どうでもよくなったよ(´;ω;`)

※広告

公式HPのあらすじはこちらです。
あらすじ | NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」
 

今回の感想

・官兵衛投獄から半年。官兵衛部下、有岡城へ潜入!フンドシ一丁で。
栗山善助、土牢の官兵衛と会話に成功!フンドシ効果てきめん。
・奇跡を成し遂げた栗山善助の使用済みフンドシ、抽選で一名様に!
 
・荒木村重、毛利が来ないので内紛寸前。
 篭城は、外部からの援軍or攻め手の退却が期待できない場合は、食料とお金と精神と時間の浪費にしかならない。。
・だし、まだ官兵衛に食料横流し中。いや、部下の手前でこれはイカンだろ。。
・官兵衛生存が黒田家に伝わり、歓喜の渦!
 
・姿を隠してるのに大声で剣術練習の松寿丸。おね、大名の妻なのに様子を見に来る。
 こいつら自分たちの立場、自覚ゼロ。
・竹中半兵衛、病身をおして最後の活動へ(´;ω;`)
 松寿丸への言付け、秀吉へのネタばらし、宇喜多直家への調略・・。
 
・官兵衛「_(:3 」∠ )_」
・牢屋に犬入れるなよ!疫病が流行ったらどうするんだ!
・竹中半兵衛、エネルギー尽きて寝込む。宇喜多直家への調略なんて、精神的に疲れる仕事を秀吉がさせたから。。
・竹中半兵衛「天下を・・(-ω-)」安らかな死に顔だった(´;ω;`)
・官兵衛「_(┐「ε:)_」
20140601-202349.jpg
陣内孝則「悪い病にとりつかれたようじゃ・・」
 おいおいおいおいやめてくれーーー!
 お前がいなくなったら、このドラマのどこに癒しを求めればいいんだ??(´;ω;`)
・陣内孝則「今日限りわしは毛利を捨て、織田につく!」さすがです。
 
・荒木村重、心労で完全に暴君に。織田に裏切る前と同じ精神状態に( ;´Д`)
・荒木村重、官兵衛と酒を酌み交わす。便所飯ならぬ牢屋酒。
・で、荒木村重、茶器を抱え、妻も部下も捨てて単独脱出!毛利援軍要請・・という名の逃亡。
 
・一方、安土城。信長が家臣に地理の授業をしていた。
・荒木村重逃亡に信長激おこ。陣内孝則の寝返りを許さない・・だと?(;・∀・)
・尼崎城へ逃れた荒木村重。海陸コースを遮断され、進退窮まる。
・ついに有岡城に信長軍が侵入!
 
・荒木村重、生きる事で信長への抵抗を示す!
・部下が雨の中で主君を待つ中、荒木村重逃亡・・。
 自分が反乱に巻き込んだくせに、多くの人への責任を取らない・・。
 人の上に立つ者としての資格を、荒木村重はここで失ってしまった( ;´Д`)
 
・牢番「逃げろ」
 官兵衛「_(┐「ε:)_」
 そりゃ動けないよね。
・有岡城の混乱に乗じて、官兵衛部下が潜入!やっとオリーブもこみちに出番が!
キリシタンは自殺できないんだっけ。だし、神に祈るしかできない。
 
・官兵衛と部下、やっと再開!このシーンだけハエが湧く、凄惨な映像効果(´;ω;`)
 

前回の感想

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(21)感想 「悲しみが全面に出過ぎてう〜ん・・」

次回の感想

//tokainakurasi.net/archives/4070

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 (23) 感想 「○○○○官兵衛」


※広告


( ・∀・)つ最後にSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 

広告

広告

-テレビ
-, , ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.