旅行

[旅行]2014/6/4〜6/5 和歌山遠征紀その3 「高野山で修行!座禅、写経、朝の勤行、護摩祈祷!」

更新日:

今回は高野山観光の続き(修行、食事)の話です。
真言密教の修行、面白かったです(・∀・)
 
※2014年6月時点の情報です。

※広告

●前回の記事

 ※( ・∀・)つ[旅行]2014/6/4〜6/5 和歌山遠征紀その1 「男なら高野山で修行!」「ネコ好きなら和歌山電鐵でたま駅長!」
目的地決定の経緯、和歌山の観光地、移動手段、節約方法などを書きました。
 
 ※( ・∀・)つ[旅行]2014/6/4〜6/5 和歌山遠征紀その2 「高野山に外国人とナニワのおばちゃん集団に囲まれて登った件」
6/4の新横浜〜大阪〜高野山までの話を書きました。
 
▲目次へ


●高野山

 
高野山の宗派は「真言密教」です。弘法大師で有名ですね。
私は歴史好きだけど、軍事・政治方面であって、文化・宗教はちょっと苦手(;・∀・)
 

・恵光院での修行

 
恵光院の「一日修行体験プラン」に申し込んだため、修行に参加可能でした。
事前予約が必要で、参加自由です。
 

阿字観(座禅)

 
宿泊&修行先である恵光院に到着後。
一息ついて、少し外を歩いて、戻ってきて。
16時30分に阿字観瞑想が始まるので、宿坊の2階から離れの道場へ。
ジーンズからジャージ下に履き替えました。


今回参加した全ての修行は、フラッシュをたかなければ写真撮影はOKでした。
 
参加者の半分は外人さん。
まず日本人は部屋の前方、外人さんは部屋の後方に移動。
お坊さんから説明を受けます。
外人さんの前に座った別のお坊さんが同時通訳していました!すごい!
 
詳しい阿字観の方法は、以下のリンク先をご覧ください。
 ※リンク( ・∀・)つ「阿」字観

阿字観の準備
一、 手を組む。(法界定印) 
一、 身体をひきしめる。
一、 呼吸のしかた。
一、 目の位置。
 ① 一メートル位前方を半眼でみる(初心者は目を閉じたほうが落着く)
一、 心を調える。
 ①息の数をかぞえる(数息観)

これを30分体験しました。
 
さて、この阿字観の結果、私は何を得たのか?
・・・ポエムになるので、また日を改めて書きますね(;・∀・)
 
※しまねっこが写っている写真は以下のレポートに使います。サイトに載ったら当ブログで告知しますね(・∀・)
 ※参考( ・∀・)つ「ちびっこしまねっことお出かけ♪」活動レポート作成開始!
 
▲目次へ


写経

 
宿泊時、写経を申し込みました。
宿に到着後、写経セットを渡されました。
薄く下書きがあるので、それに沿って文字を書いていきます。


酷い字(´;∀;`)
 
写経といえば「般若心経」の書写になるそうですね。そういった漢字がいくつも出てきました。
 
写経の最後には「願意」を書く欄がありました。
「現世利益」ってことかな?
ネットが使えなかったので、書き方が我流になりましたが・・。
私は何を願ったのか?
 
・・・これもポエムになるので、また日を改めて(;・∀・)
 
出来た写経は、チェックアウト時にお坊さんに渡します。
奥の院に奉納する方法は奉納料1000円が別途必要。
私は恵光院に納める方法(無料)を選びました(;・∀・)
 
▲目次へ


朝の勤行

 
翌日、朝6:30から修行!
 
宿坊の2階から本堂へ向かいます。


外人さんが礼、ご焼香にとても苦労していました(;・∀・)
私はロウソクの炎を見ながら考え事をしていました。
 
何を考えていたのか?
・・・ポエムになるので(ry
 
最後は仏様にお礼をして終了。約30分。
  
▲目次へ


護摩祈祷

 
続いていったん玄関に戻って靴を履き、隣の毘沙門堂へ。護摩祈祷に参加しました。
7時になると、周りのお寺から一斉にお経が聞こえてきました。


外人さん達の平均年齢は高めも、うち二人がハッとするほどの10代北欧美少女( °ω°)
写真?無いよ!
 
最後は3体の仏様に手を合わせて終了。
 
これで全ての修行が終了です。
 
▲目次へ


・精進料理

 
夕食、朝食付きプランでしたので、恵光院で食事をいただきました。
1人だったので部屋まで膳を運んでいただけました。
宿坊なので、肉・魚は出ません。
全て精進料理でした。
 

・夕食

 
阿字観終了後、少し経った5時半に夕食。
 


湯葉のみそ汁美味しかった!


好き嫌いの激しい私ですが、想像以上に美味しかったので、完食(*´ω`*)
 
▲目次へ


朝食

 
護摩祈祷が終わった7時半。
部屋に戻ると膳が運ばれていました。


ご飯は夕食と同じく茶碗2杯分用意されており、完食!
 
毎日だと・・ですが、たまになら全然OK(*´ω`*)
 
▲目次へ


・その他

フロ・トイレは共用

 
他のお寺はわかりませんが、恵光院ではフロ・トイレは共用でした。
 
私は部屋から近めの場所にトイレがあったので、特に不自由しませんでした。
洋式便器が1つで後は和式。
ちょっと明かりが暗かったかな。。
 
阿字観終了〜夕食までのわずかな時間に、さっとフロを済ませました。
外人さんが多かったので、日欧対決したくなかったから・・(何の?
3、4人なら十分な広さでしたね。
 
タオル大小、浴衣あり。
浴衣で修行に出ては行けませんのでお気をつけ下さい(;・∀・)
 

就寝は早い

 
夕食後、写経をしていると、お坊さんが膳を下げにきて、布団を敷いてくれました。7時くらい?
 
布団の長さ、175cmの私ですが、足が出るか出ないかギリギリ( ;´Д`)
背の高い隣の隣の部屋の外人さん、大丈夫だったかな・・?(・ω・;)
 
雨音が落ちる音に苦しめられる(その2参考)も、9時半頃に就寝。
 
▲目次へ


PCコーナーあり

 
玄関入って右に、PCコーナーがありました。PCは2台。
私は雰囲気を壊すので使いませんでしたが(;・∀・)
バスやケーブルカーの時刻表、この辺りに貼ってありました。
 
▲目次へ


●続きは次回!

 
まだ続きます!長いよ!
書いてて疲れたよ
次は6/5の和歌山市編!
 
▲目次へ


●和歌山遠征紀シリーズ

 
※追記
完結したので、全シリーズのリンク貼っておきますね。
 
 ※( ・∀・)つ[旅行]2014/6/4〜6/5 和歌山遠征紀その1 「男なら高野山で修行!」「ネコ好きなら和歌山電鐵でたま駅長!」
 
 ※( ・∀・)つ[旅行]2014/6/4〜6/5 和歌山遠征紀その2 「高野山に外国人とナニワのおばちゃん集団に囲まれて登った件」
 
 ※( ・∀・)つ[旅行]2014/6/4〜6/5 和歌山遠征紀その4 「和歌山ラーメン、いちご電車、〆は赤福?」
 
 ※( ・∀・)つ[猫]たま色に染まる和歌山電鐵貴志駅でたま駅長に会ってきた
 
▲目次へ


※広告


 
( ・∀・)つ長い記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!最後にSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 

広告

広告

-旅行
-, ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.