うつ病

[うつ病][症状定期報告]抗うつ剤を止めて数日経過しても反動なし!9種類の薬漬け生活から生還!

更新日:

うつ症状の近況報告です。
 
抗うつ剤を飲まなくなって数日経ちました。幸い、身体に異常はありません(・∀・)
 
※薬の服用については、必ず医師に相談してくださいね。
 
※広告


 

※支援のお願い

( ・∀・)つ「登録不要で」「クリックするだけで」「無料で」支援金を渡せます!リンク先を参照願います!
『NPO法人 Light Ring.』に、あなたの「いいね!」や「シェア」だけで支援金を届けられます。 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ)

前回の容態

 ※( ・∀・)つ[うつ病][症状定期報告]2014/7/3心療内科受診。パロキセチン5mg→0mgで抗鬱剤卒業!退職後の保険証が無い時期は通院に注意!

抗うつ剤やめても副作用なし!

2014/7/3、医師から、抗うつ剤のパロキセチン(パキシル)5mgを処方しない判断をくだされました。
 
手持ちに残り20日分ありますが、数日分を残して飲むのをやめました。万が一飲むのをやめてから、反動(頭痛、吐き気など)が出た時、すぐに飲み直すためです。
うつ病の薬の反動・副作用は心身へのダメージが半端ないと知っていますので。。
 
何度も書いていますが、個人的には「うつ症状が酷いときは必ず抗うつ剤を飲む事。本当にうつ病を治したければ抗うつ剤を飲まないようになること」と思っています。
 ※( ・∀・)つ[感想]医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣 (宮島 賢也) 「おそらくこれがベストなうつ病治療!ただし患者次第」
 
飲まなくなって数日。特に大きな異常はありません。パロキセチン(パキシル)5mgと量が微小だったから、反動が少なかったのでしょうね。
 
服用を続けると、薬の効果が身体に堆積して数日残ると聞きました。過去、一部の薬を紛失して数日飲めなかったことがありましたが、なんとか耐えられましたから(かなり危険なので、絶対にやらないでくださいね)。
 ※( ・∀・)つ[病状定期報告]抗うつ剤なしでもなんとか…
 
あとは身体と心を普通の人のレベルまで戻すことですね。ゆっくりやっていきます。

過去処方されたうつ病の薬

私は合計2回、うつ病にかかりました。
お薬手帳から、過去、どんな薬をどれだけ飲んできたか、まとめてみます。
※薬の効果はお薬手帳の記載から抜粋。薬局により効果を書かない所あり。通院当時の情報。

一回目

2008/6/4の記録から残っていました。
 ・スルピリド50mg(朝・夕食時)
 ・ジェイゾロフト錠25mg(朝・夕食時)
 ・ランドセン錠0.5(不安時服用)
結局ランドセンは飲みませんでした。
「どうしても不安なときだけ飲んでください」と言われて、「なんだか怖い。これは軽々しく飲んじゃいけない!」と思い、神棚に飾るように部屋から見える位置に置いていた記憶があります。
 
たまにイリボーも処方されました。うつ病の影響で便秘か胃腸の調子が悪くなったからだったかな。
 
2009/3/27を最後に、抗うつ剤の処方が終わっていました。

二回目

薬漬け

2012/7/11からスタートしていました。
 ・ジェイゾフロフト錠25mg(夕食時のみ)
 ・ドグマチール錠50mg(夕食時のみ)
 ・ゾルビデム酒石酸塩錠5mg(寝る前)
 
以前書きましたが、ここは薬ドバドバ、コミュニケーションが取れない、儲け重視の最悪な病院と医師でした( ;´Д`)
 ※( ・∀・)つうつ病に負けました その7 うつ病後の行動2

 残念ながら、ここの医者は私にはあわなかった。。
  診察中パソコンばかりみている、
  質問と回答がいつも同じ、
  薬をドンドンだしてくる、
  一ヶ月で運動と早期復職を薦めてくる(辛いと訴えてるのに…( ; ω ; ))、
  辛いので実家に帰ると訴えても許さない、
  予約してるのに患者が多すぎて一時間待ちはザラ( ; ω ; )、

一番量が多かったのは2013/3/1。
 ・パロキセチン錠20mg(夕食時のみ)
 ・メデタックス錠1 1mg(夕食時のみ)
 ・50mgミルナシプラン塩酸塩錠(朝・夕食時)
 ・ミルナシプラン塩酸塩錠25mg(朝・夕食時)
 ・スルピリド錠100mg(朝・夕食時)
 ・デゾラム錠0.5mg(朝・夕食時)
 ・ビビットエース錠1mg(寝る前)
 ・グッドミン錠0.25mg(寝る前)
 ・ゾルビデム酒石酸塩錠10mg(寝る前)
なんと9種類出ていました( ;´Д`)
このときは、将来に希望をまったく感じられず、ただただ寝ているだけの日々でした(´;ω;`)
死の危険を感じたので、1か月後、この医者から逃げだしました。。

徐々に減薬

2013/4/4、今の医者から処方されています。
 ・パロキセチン錠10mg(夕食時のみ)
 ・メイラックス錠1mg(夕食時のみ)
 ・トレドミン錠50mg(朝・夕食時)
 ・スルピリド錠100mg(朝・夕食時)
 ・エチゾラム錠0.5mg(朝・夕食時)
 ・グッドミン錠0.25mg(寝る前)
 ・レスリン錠25 25mg(寝る前)
 ・ハルラック錠0.25mg(寝る前)
お薬手帳を見せたら、効果がかぶっている薬を除いてくれたので、8種類になりました(;・∀・)
 
2013/7/5。
 ・パロキセチン錠20mg(夕食時のみ)
 ・メイラックス錠1mg(夕食時のみ)
 ・トレドミン錠50mg(朝・夕食時)
 ・レンドルミン錠0.25mg(寝る前)
パロキセチンが10→20mgになったものの、新病院通院から三ヶ月で4種類に減っていました。
 
2013/8/27。
 ・パロキセチン錠20mg(夕食時のみ)
 ・トレドミン錠25mg(朝・夕食時)
トレドミンが半分、薬が2種類に。
 
以後、不眠や耳なりや頭痛に対応するため、睡眠薬や頭痛薬が増減されつつも、抗うつ剤自体は徐々に減って行きました。
 
処方の終了は2014/7/3。
2012/7/11から約二年かかりました。長かったなぁ(´;∀;`)


※広告


( ・∀・)つ最後にSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 

広告

広告

-うつ病
-

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.