働き方

[退職]区役所で年金と保険手続き。厚生年金から国民年金へ変更。社会保険の任意継続でなく、国民健康保険を選択!

更新日:

前回の続き。
今回は退職後の区役所ですべき申請について。
再就職するまで国民健康保険(国保)に入ることにしました。国民年金の手続きもしました。
 
※2014/7時点の神奈川県川崎市の場合です。地域、時期、何より申請者の状況により違いがありますので、必ず関連部門に確認願います。
 
※広告


 

社会保険と国保

ここらへん、調べながら書いているので、間違えてないか不安ですが(;・∀・)

退職時に保険証を返却した

2014/6/30に会社を退職時、いろいろ手続きをしました。
その中の一つが「保険証の返却」
休職していなければ、直接会社の人事に出すのでしょうが、私は封筒に同封して送りました。

会社員時代は社会保険に加入していた

 
私は大学から就職後、社会保険に加入していました。
会社の言う通り、入社時に何かしたような・・記憶がないけど(;・∀・)
大きな会社なら、基本的に社会保険に入るっぽいです。

退職後の保険で二つの選択肢

で、退職後。
この社会保険に退職後も加入し続けることを「任意継続」と言います。
一方、社会保険から国民健康保険(国保)に切り替えることもできるとか。
 
どちらかに入らないと、保険証がもらえないので、病院で3割負担が10割負担になっちゃってドヒャー!です。
ただ、何もしなくても強制的に国保に加入することになるのかな?

どっちがお得?

ではどちらにするか?です。
 
人それぞれなので、コレだ!とは言えないみたいです。
ググると、どっちがいいか?について言及したブログが山ほど出てきます。
それだけ複雑で、損得に大きく差が出る話のようですね。
 
両者の特徴をざっと書きます。
 ・病院での3割負担は同じ。
 ・社会保険の方が月額保険料が高い分、傷病手当金や無料検診など特典が多い。
 ・社会保険料は半分会社が負担してくれる。
 ・社会保険なら扶養家族も加入可で、保険料がお得。
 
詳しい両者の違いはググってください。複雑でよくわからない( ;´Д`)
 
ただ、扶養家族無し、傷病手当はフルに使い切ってしばらく出ないっぽい私にとっては、月々の保険料しか、違いが出てきませんでした。

私は国保を選択!

区役所、前会社の保険組合に電話をかけ、月々の保険料をざっと計算していただきました。
扶養なし、休職前の月収が高め、前年の収入が傷病手当のみで低かった私の場合、以下の通りでした。
 国民健康保険(国保):約1,000円(申請後に再計算する模様)
 社会保険任意継続 :国民健康保険の約40倍
 
(  Д ) ゚ ゚
 
聞き間違いかと思い、何度も確認しましたが、これっぽいです。。
違いがほぼないのに、なんで40倍も高い保険料を無駄に払わなきゃならんのだ??
当然国保を選びましたよ( ;´Д`)
 
これは多分、社会保険が高いのと、国保が安いのと、両方な気がします。
(計算すれば完璧に出るでしょうが、めんどくさいのでやりません。。)
 
社会保険料が高い理由を推測。
 ・会社半分負担が無くなったから。
 ・休職前の給料が高めだったから?
 
国保が安い理由を推測。
 ・昨年の収入が傷病手当のみで大幅に減ったから、大幅に保険料が安くなった?
 ・ということは、再就職して年収が増えた翌年は、大幅に上がる?
 ・川崎市の保険料って安いの?高い気がしたけど?
 
まぁ、ちゃんとした所に再就職できたら、また社会保険になるでしょうから、国保のままでいきます。
 
なお、ハローワークの説明中、私は離職理由が病気であることから、国民健康保険料が軽減されるとか聞きました。まだ資料が届いてないので、どれだけ変わるかはわかりませんが(;・∀・)
 
ともかく。
人それぞれ保険料が異なるはずなので、区役所と保険組合に電話してみてください。
どちらも数分待てば計算して教えてくれましたよ。

区役所の手続き

まずは保険年金課に行きましたが、「書類を書いて区民課に提出してください」とのこと。間違えた?
 
書類を記入し、10分ほど待つと呼び出し。
離職票とか必要書類を見せました。
保険料の正確な計算に時間がかかるため、約二ヶ月後に最初の振込になるとのこと。書類が送られてくるまで待ちます。
 
その後、10分待つと新しい保険証を渡されました。すぐにもらえるのね!
 
待ち時間、説明全て合わせて30分で終了。
ハローワークの70分に比べると天国!

年金

年金って?

ここも複雑ですし、自信無いので、ググってほしいのですが(;・∀・)
いわゆる年金(公的年金)とは、以下のことです。
 「国民年金」+(「厚生年金」or「共済年金」)+(「厚生年金基金」+「企業年金(確定給付企業年金+確定拠出年金)」)
 
日本国民は、全員国民年金(基礎年金)に加入する義務があります。
 
サラリーマンの場合、厚生年金と企業年金と厚生年金基金?に加入しているため、60 or 65歳からもらえる年金の額は多くなります。
  
ところで、個人的には、年金は私がもらう未来には破綻してる気がすっごくしてます( ;´Д`)
ただ、払う義務があるし、払わないと徴収に来られて罰金になるとかどうとか・・なので、ちゃんと申請しましたよ。

厚生年金の脱退と国民年金の変更

厚生年金からの脱退は会社がしてくれた模様。
社会保険と異なり、退職後は厚生年金を継続加入できません。国民年金のみ払うことになります。
 
国民年金の手続き、つまり「民間の会社員(第2号被保険者)」から「自営業者等(第1号被保険者)」に変更になった手続きは、退職者自身が区役所に行く必要があります。
ただ、手続きしなくても自動的に国民年金に加入になるとか・・?でも、手続き漏れで年金が消えるのもイヤなので、ちゃんと区役所に行きました。

区役所での手続き

私の場合、区役所の区民課で、国保への切り替え手続き中に、国民年金への移行手続きをしていただきました。
退職時に会社から戻ってきた年金手帳を一時提出し、数分待つくらいで終わりました。
書類記入等は不要でした。
 
具体的に月額いくらかは、後日郵送されるそうですが。
「自営業者等(第1号被保険者)」は、現在、約15,000円なのかな?
 
ということで、あっさりしゅーりょー。

次回は再び雇用保険

雇用保険をもらうために、説明会に参加した話になります。


※広告


 
( ・∀・)つ最後にSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 

広告

広告

-働き方
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.