テレビ

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(34)感想 「期待してよいのか九州討伐編?メンチの切り合い、吉川元春!」

更新日:

今回は軍師官兵衛 第34話「九州出陣」の感想です。
 
※広告


 

今回のあらすじ

公式HPのあらすじはこちらです。
 ※( ・∀・)つあらすじ | NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」

期待していいのか?九州編

今回から九州編へ。
 
私はあまり九州の話を知りません(;・∀・)
関ヶ原の戦いに関係した、島津家の化け物のような強さを断片的に。
あとは、四国の雄、長宗我部元親を描いた、司馬遼太郎「夏草の賦」を読んだくらい。

この本の終盤。
長宗我部元親は、秀吉の九州討伐に参加。
そこで島津に、有能で将来有望な後継者、長宗我部信親を討たれてしまいます。
小説では、その後、奥さんも亡くなったっけ。
その結果、四国平定後に天下を狙っていた、かつての覇気が元親から消滅・抜け殻のようになり、そのまま亡くなります。
 
元親について、もう少し話を続けると。

司馬遼太郎の別の小説「戦雲の夢」では。
元親は抜け殻後。
主人公で跡取りの長宗我部盛親に、ろくなお家の方針を残さず、世を去ってしまいます。
その結果、長宗我部家は大混乱。
長宗我部盛親は苦悩の果てに、大阪冬の陣、大阪夏の陣に参戦することに・・。
 
脱線続いてすいません(;・∀・)
今回の秀吉の九州討伐、詳細を描いた本やドラマは、ほとんど見た記憶がありません。マイナーな印象。
戦力差が圧倒的だから?
地方の戦いだから?
  
もしちゃんと描くなら、このドラマを見る価値があるというものですが。
果たして期待してよいのか?

今回の感想

・九州の大友宗麟が秀吉の元へ援軍を請いに。島津の圧力が凄い模様。秀吉の遠征準備が整うまで、官兵衛が助ける事に。
・中国の毛利蜂須賀小六と官兵衛が援軍に向かう事に。黒田長政と後藤又兵衛は大阪で秀吉の元に残ることに。ブーたれる長政。
・蜂須賀小六が倒れたと聞き、お見舞いに向かう官兵衛。あんた冒頭で元気だったじゃん(;・∀・)
・蜂須賀小六「わしはお前を生涯の友と思うておる」
 あ、急に昔話をし始めるという死亡フラグ。
・次のシーンで、やっぱり蜂須賀小六、他界(´;ω;`)
・秀吉、錯乱。かつてお世話になった恩人であり、貴重な子飼いの部下だったしね。
 
・九州討伐へ向かう前に、後方の家康対策。
・妹の旭姫(朝日姫)を家康の嫁に。なお年齢は40オーバー、既婚だったのに別れさせて家康の元に送った模様( ;´Д`)
・官兵衛、十字架を首にかけて出陣。
 
・毛利家の吉川元春、秀吉への気持ちは複雑。小早川隆景も頭が痛い。
・大阪城にて、かってに部屋に入る粗忽者なが、茶々と接触。侍女マグダレナ・・だと?(;・∀・)
・茶々「侍女かと思って・・フフフフフ」糸「(#ФωФ)ア"??」絶対一悶着あるぞ今後。
・糸「黒田はケチ」はやくこのうっかり者の嫁を追い出せ、光。
おねのグチを散々聞かされる気の毒な光と糸。おね一派と茶々一派のずぶずぶ醜悪な女の争いの予感。
 
・安芸に入った官兵衛と栗山善助、安国寺恵瓊と打ち合わせ。島津の勢力が北上中。
・小早川隆景と安国寺恵瓊、早期出陣を渋る。ダメだよ、犬になったなら、ちゃんと忠誠を見せないとね。官兵衛、秀吉の威光を背景に圧力をかける。
・毛利は大友宗麟と敵同士だったのね。難しいね、急に仲良くなるの。
 
・大友宗麟、焦る。大友宗麟はキリシタンなのね。
島津義久初登場。むっちゃ強いのよね、この人と島津家。猛将っぽい面構え。
・サボタージュする毛利家。吉川元春、病とか。本当?仮病?
 
・小早川隆景との対談と偽って吉川元春を呼び出す。やっぱり仮病?(;・∀・)
 クソ坊主の安国寺恵瓊は、ここまで秀吉側に肩入れして、今後大丈夫かね。。
・高松城の清水宗治の話を蒸し返し、援軍拒否する吉川元春。官兵衛も、清水宗治の命の使い時が見事だったと、吉川元春を説得。
 「お前の命で多くの人が助かる」かなり酷い説得。
一歩も引かない吉川元春!官兵衛とメンチの切り合い!
 いい演技ですね。陣内孝則(宇喜多直家)の顔芸以来じゃないか、こんな迫力?写真撮り忘れた( ;´Д`)
・吉川元春、立ち去る・・倒れる!え、病気って本当だったの?ゴメンね(;・∀・)
 
・家康、なおも動かず。ついに大事な母親を家康の元に!秀吉はお母さんっ子で有名、寝所で自分のやったことを慟哭。
・吉川元春、出馬!よろけながら官兵衛の元に到着!眼に隈が( ;´Д`)
 
・いきなり戦闘シーン!毛利、島津勢と激突!
・島津お得意の釣り野伏(伏兵)発動も見抜いた!
島津義久登場。こいつ脳筋タイプか?
・大友宗麟が神無月さんに見えるんだが。
あれ、もう戦闘シーン終了?期待しすぎたか、このドラマに(;・∀・)
 
・家康、やっと上洛。井伊直政(東幹久)が登場してるね。
・吉川元春、小倉城にて死の床に。
 吉川元春「わしの命、役に立ったか」官兵衛「はい。大いに。」
 お見事な最後である、吉川元春(´;ω;`)
・クソ坊主安国寺恵瓊、ここで坊主本来の仕事で合掌する。
 
・九州攻めはまだ始まったばかりだ!俺たちの戦いはこれからだ!
 
・次回予告。え、もう九州攻め、終わってないか?Σ(゚∀゚ノ)ノ

前回の感想

 ※( ・∀・)つNHK大河ドラマ 軍師官兵衛(33)感想 「関白秀吉、ゲスの極み!なぜ道薫(荒木村重)を推すのかこのドラマ・・」

次回の感想

//tokainakurasi.net/archives/5415

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(35)感想 「もっと掘り下げてほしかった九州編。あっさり終了・・。」


※広告


( ・∀・)つ最後にSNSボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 

広告

広告

-テレビ
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.