テレビ

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(37)感想「またも黒田長政、独断先行!またドロドロしたイヤな展開になってきた」

更新日:

今回は軍師官兵衛 第37話「城井谷(きいだに)の悲劇」の感想です。
 
前回、黒田長政をバカ殿認定しましたが、今回は二つもやらかしてしまった(´;ω;`)
二つ目は黒田家のためには仕方ないとはいえ、当主の官兵衛の指示を仰げよ若造( ;´Д`)
しかし、ドロドロとして、イヤな回でしたねぇ( ;´Д`)

※広告


 

今回のあらすじ

http://www1.nhk.or.jp/kanbe/story/story37.html

あらすじ | NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」

今回の感想

黒田長政、隙がみえた城井谷へ突っ込む!
・狭い一本道の森の中で弓兵が構えてるのに「静かですなぁ(´ω`) 」とのんき発言する長政家臣。長政、後ろ、後ろ〜!( ;´Д`)
・やっぱり伏兵が襲ってきて、長政、馬を失って逃亡中。
・部下「ここはわしにまかせろ!」直後、やっぱりやられます。無茶しやがって(´;∀;`)
 
宇都宮鎮房が伏兵の中にいたのか!
・バカ殿長政、目立つ兜を捨てたら?
・長政、なんとか帰還。官兵衛、長政に鋭い右フックをお見舞い!Σ(゚∀゚ノ)ノ
・官兵衛「負けた理由を考えろ!お前が城井谷を落とす策を考えろ!」汚名返上のチャンスをあげた!官兵衛の優しさは五臓六腑に染み渡るでぇ・・(´;∀;`)
 
・圧勝した宇都宮鎮房と家来達、酒宴で盛り上がる。バカ殿のせいで調子にのせてしまった。
・宇都宮鎮房の娘、鶴(市川由衣)が登場。「黒田を皆殺しにしろ!」怖いよ( ;´Д`)
・糸に説教されるバカ殿。
・バカ殿のせいで豊前でも反乱が発生し、毛利氏の手を煩わせてしまってる。
・そんな中、バカ殿長政、ぶっつけ本番で毛利氏に策を披露。ちゃんと発表練習したか? 
・城井谷を落とす策は兵糧攻め。一本道しかないことを逆手にとり、逆に周囲との連絡を絶つのか!毛利より合格と判断される!よかったね(´ω`)
 
・一方、秀吉は苦戦してることにブチ切れていた。バカ殿のせいで。
・なまぐさ坊主安国寺恵瓊、宇都宮鎮房に和睦を申し入れに赴く。
 条件は「宇都宮は黒田家の家臣になれ」
 これを侮辱ととるか、温情ととるか?
 
・結局、宇都宮鎮房は和睦に応じる。鶴はの元へ。長政は不満顔。
・やさしく鶴を迎え入れる光に反発する鶴。まだまだ若い。
 
・肥後の一揆も峠を越した。しかし石田三成の佐々成政への評価は低くなった模様。
・秀吉「官兵衛なら豊前をあっさり治めるかと思ったが・・」
 千利休「あんたのせいだよ」
 利休が視聴者の心情を代弁してくれたよ!
・秀吉、自分に逆らった宇都宮を召し抱えたことに笑顔でキレる。かつての「できるだけ人を殺したくない」秀吉はいずこへ。
 
・主立った部下を、城代や筆頭家老に命じる。
 そして宇都宮の子息の朝房(ともふさ)に目をかける官兵衛。バカ殿まだ不満顔。
・鶴がお皿を割ってお福に怒鳴られる。まわりの者「私も怒鳴られた」「私も」「私も」お福のカリスマはゼロ。
・宇都宮鎮房、かつての不満もどこへやら。平和ボケした顔に。あとはバカ殿のみ。
 
・なんか秀吉が高貴の出とか出自を偽り始めた。ホラにあっさり騙される・・というか、反論できない公家達。天下人秀吉を諌めるものは、今やおねと官兵衛くらいか。
・佐々成政、謹慎してたが、申し開きのために大阪に登る事に。石田三成が秀吉に讒言してる模様。始まったか、大名達と石田三成との軋轢が。
・佐々成政「官兵衛、わしと殿下とは30年来の仲じゃ、大丈夫じゃ、ハッハッハ」
 石田三成「謹慎しろ」
 佐々成政「会わせて」
 石田三成「だが断る」
 もはや、秀吉に会うためには石田三成のご機嫌をとらないといけないのか。。
 
・秀吉、官兵衛に宇都宮の人質や朝房を殺せ!と書状を送る。きたか。
・官兵衛が大阪に行くと佐々成政の二の舞になるから・・と栗山善助が大阪へ。
 秀吉「わしは以前から官兵衛が羨ましかった。官兵衛はよい家臣達を持っておる。黒田の宝は家臣達じゃ。」
 秀吉「官兵衛が意地をはってると、家臣達が路頭に迷うことになるぞ」
 こんな上司はイヤだ!
 
・長政の竹馬の友、加藤清正福島正則(あってる?)が長政の元へ。宇都宮を討つ計画を長政に漏らす。煽るなよ、またバカ殿が勝手な事するぞ・・。
・官兵衛、栗山善助からの報告を聞き、悩む。
 そんな中、長政、勝手に宇都宮に出仕を命じる。だから官兵衛に相談しろよ!また右フックくらうぞ!
 
・家臣と宇都宮鎮房を離ればなれにさせて、障子を閉め、顔色の悪さを指摘されながら突然酒宴スタート!酷い大根役者!宇都宮鎮房、一気に警戒モード!( ;´Д`)
・さあいつ殺す?毒か?わざと酒をこぼして斬りつけるか?
・長政「毒などはいっておらぬ(ニコッ」鎮房、震える手で飲む・・、なんともない?
・長政「魚を召し上がられよ」突然家臣が膳を投げつける!えええ、なにこの唐突さ( ;´Д`)
・4vs1のハンデマッチで宇都宮鎮房倒れる(´;ω;`)
・そして宇都宮一族の皆殺しが始まる。。長政ェ・・。すんごく気分悪い終わり方。
 
・次回予告。ここまでしたのに、それでも官兵衛は追い込まれるのか?

前回の感想

//tokainakurasi.net/archives/5574

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(36)感想「もう黒田長政はバカ殿でいいですか?」

次回の感想

//tokainakurasi.net/archives/5774

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(38)感想「女性陣、サボタージュ!鶴の逃亡補助!ありえんだろ・・。」


※広告

軍師官兵衛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)


( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-テレビ
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.