うつ病 働き方 読書

[読書]アゴを引けば身体が変わる 腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育[伊藤 和磨] アゴ引いたら2年続いた頭痛が3日で緩和!SEとうつ病患者はアゴを引け!

更新日:

・著者は元サッカー選手。1995年、ヴェルディ川崎にGKとして入団、パルメイラス、ジェフ市原に所属後、1998年に腰痛で退団。
・退団後、パーソナルトレーナーに。
 
・私は、この本の講義1(第1章)数十ページを読んで実践しただけで、2年以上悩んできた頭痛が、たった3日で急に緩和
・やったことは「アゴを引くよう注意した」だけ。
・難しい筋肉や骨の話が多いが、要点だけ流し読みするだけでも役に立つ一冊。
・他に「呼吸」「足」「靴」「椅子」「腰痛対策」「負担の少ない階段の登り方」「腰を痛めない荷物の持ち方」などイラスト付きで載っているので、特に40代・50代で身体の節々に痛みを感じる方にオススメ。
 
・「アゴはやる気のスイッチ」人間にやる気スイッチって本当にあったのね(;・∀・)
・タイトルに「大人の体育」とあるが、真面目な本です。
 
※広告


 

本はこちら

新書です。

頭痛との戦い

私は二年前からうつ病を患いました。
最後まで悩まされたのが頭痛

//tokainakurasi.net/archives/5434

[うつ病]頭痛の原因調査のためMRI・MRA検査をしてきました。十数年前とここが変わってた。

MRI検査までしましたが、脳には異常なし。

・前回の診察と同じ話だが、頭痛の原因は肩や首のコリなので、運動・休憩・マッサージなどを定期的に行う事

結局、頭痛の原因は肩や首のコリと診断されました。
 
その後、いろいろ試しました。
その一つが、たまたまAmazonでみかけたこの本を、半信半疑で買ってみた事。
 
そしたら。

//tokainakurasi.net/archives/5716

[うつ病][症状定期報告]アゴを引いて頭痛緩和?体調上向き、ブログ頻度アップ!次の目標は一日動ける事。

頭痛の発生頻度がガクッと減りました(;・∀・) 
読み終わったら感想書きますが、こんなに簡単に効果が出るとは(;・∀・)

効果絶大でした!ヽ(゚∀゚)ノ

顎(アゴ)を引けば身体の不調が治る?

以下、本の各所から引用です。

めまいやふらつきなど、顎から上の不調を抱えている人の多くは、横から見るとアゴが上がっていて、正面から見ると鼻と顎を結んだ撰が垂直線上にないのである。

この状態が続くと、めまい・頭痛・眼精疲労・思考力の鈍化・自律神経失調症につながるとか。

アゴを引くと、重い頭が胴体の真上に位置して、脊柱が最も安定した形(ニュートラルポジション)になり、上半身の重さを「骨」で支えられるようになる。
だから、顎や腰への負担が大幅に軽減され、肩こりや腰痛症の予防・改善になるのだ。

重い頭を支えるために筋肉が緊張し、肩や首や頭を支える筋肉がコリ、頭痛につながる・・という点は、脳神経外科の診断結果と同じです。

頭蓋骨に広がる大後頭神経は、顎の後ろにある筋肉(頭板状筋と顎半棘筋)の隙間を通っているため、これらの筋肉が不良姿勢によって硬くなると圧迫され、後頭部から頭のてっぺんにかけて頭痛が生じるのである

後頭部の頭痛・・私のケースですね。

SEは顎(アゴ)のせいでうつ病に?

そしてp100。

これまで心身症を患っている人を大勢面談してきたが、皆アゴが上がって後頭下筋群にストレスを掛ける姿勢になっていた。うつ病を患っている人の中には後頭下筋群の機能障害が発症の契機になり、症状の改善を妨げているケースが、非常に多いのではないかと考えている。

心当たり、あります。
 
元SEの私。
長時間、デスクに座ってPCを操作する毎日。
うつ病になる前、なった後、自宅療養中、いつも私のアゴは上がっていました。
左手で頬杖ついてアゴをあげてたり、
デスクにべたーと胸をつける格好で仮眠してたり、
疲れているのでだらしない格好で食事したり。

正しい位置から頭部が2.5センチ前に出るごとに、頭から顎、肩にかけての筋群に掛かる負荷は4キロずつ増加すると指摘されている。デスクワーカーでは平均5〜6センチほど前に出ている人が多く、プログラマー(SE)に至っては、6〜9センチも前に出ている人が少なくない。

SEが名指しされてますね。こんなに酷いのか。。姿勢が悪いのですね。。
 
こんな格好が、私の腰痛(昔から腰痛持ち)や首肩の酷いコリ、右こめかみと後頭部の慢性的な頭痛、最後はうつ病を引き起こした・・その可能性は充分にあります。

仮に、体重70キロの人の頭が10センチ前に出ていたら、頭の重さも足すと、合計で21〜25キロもの負荷が、顎の筋肉と靱帯に掛かることになる。

20キロもの重りを、見た目は細い顎から肩の筋肉が支えているのですね( ;´Д`)

デスクワーカーの平均労働時間を1日6〜8時間とすれば、21〜25リットルの水の入ったバケツを、毎日6〜8時間も顎からぶら下げて仕事をしていることになる。

こんな重さ、手で持つのさえキツいのに、こんなに長時間も・・( ;´Д`)

この本を読んで、椅子に座っているとき、歩く時、アゴを引くことを意識すると、それだけでも頭痛が緩和されました。
 
デスクワーカー、特にSEの皆さん。
今すぐにでも、アゴを引くことを心がけてくださいね。
身体も心も、壊れたら簡単に治りませんからね。


※広告

うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 にほんブログ村
 

広告

広告

-うつ病, 働き方, 読書
-, , , , ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.