読書

[マンガ]毎日かあさん11 息子国外逃亡編[西原理恵子]「息子の奇跡的な覚醒に涙!娘の遺伝的な堕落に納得」

更新日:

※ネタバレ注意!
※斜文字は作品からの引用です。
 
・毎日新聞に現在連載中。思春期の子供二人を持つ著者が「子供と親」「子育て」をテーマにした日常マンガ。
漫画界最強の外道マンガ家な著者。競馬で娘との約束をすっぽかす、今回も安定のダメ母親っぷり。
 
・11巻では奇跡が!
 最近までお漏らししてた「黄金の帰宅部」「家庭内警備員に内定」のダメ息子が、留学を決意、自ら志願して勉強漬けの日々を!
 「男の子は急に走る。」
 ラストシーンは泣いた。。
・一方、かつてしっかり者の娘は、兄と入れ替わったのか堕落の道へ。これが遺伝というやつか。将来は母親コースですありがとうございました。
 
※広告


 

本はこちら

 
だれだこの全面の男、と思ったら息子だった。立派になったなぁ(´;∀;`)

雑感

・途中、急に綺麗な絵と文字になる!
 コンドウアキ先生(リラックマのデザインなど)とヤマザキマリ先生(テルマエ・ロマエなど)が1Pずつ寄稿!
 絵が綺麗、文字が読みやすい!砂漠の中のオアシス(*´ω`*)
 次のページからまた雑な文字、オバハンが酒飲んでるいつもの絵に戻って落差が酷い_(:3 」∠ )_
・著者の交際相手、高須クリニック院長の出番は少しだけ。
 
・保護犬のポン美ちゃん。みんなに甘やかされたため、むっちり太り、ひたすら食い意地がはるように。
 アイスの棒を飲み込んだら、排泄させるために繊維質のおからのおやつが貰えたので、以後、やたら棒をくわえる日々。
 著者曰く「毎日が迷惑で楽しい」
 
 うん、これがペットを飼うということだよね!
 
 なお、犬と猫を飼ってるのに、著者・娘・アシスタントの愛ちゃんの三人は、若い新人が入ると猫カフェに通っている模様。ペットと猫カフェは別ものなのか(;・∀・)

娘の堕落

母親の教育と遺伝の成果か、スタイルが良くなる一方、中身は順調に堕落。
「家庭内居酒屋養成ギプス」で幼い頃から居酒屋メニューに慣れさせた結果、ついに母親と居酒屋に同伴(酒は飲んでないことを明記しておきます)。
・背が高くて、やさしくて、スレンダーでさらさらヘアーな女子バスケット部員に乙女心が揺れる。
 
・てんこもりパフェ(著者曰く馬糞みてえな」)を前に特上の笑顔。著者曰く「娘が気持ち悪い」
あの兄に勉強を教わる。
 
・ついに左側面をおしゃれ刈り上げする(´;ω;`)
 なお著者は、16歳の時に両サイド側面を刈り上げてたので「この髪型の頭は結構蚊に食われる」としかアドバイスできず。

息子

ダメダメところにより成長

息子に成長の兆しが!
・一家の48歳と13歳と81歳の女性に説教する。
・著者のプレステ3をぶっ壊す。
 
・掃除をすると部屋が散らかる「逆ルンバ男」いい表現だ!
・クリスマスに奇跡!イケてる女子数人が盛装して訪問!この大チャンスを「パシフィック・リム」「シックス・センス」ビデオ上映という大暴投で逃す!( ;´Д`)
・京都でスキヤキ鍋を開け、それが湯豆腐だったときの怒りの単位は1京都。おせちで10京都を記録。
 
・クツヒモをリボン結びできるように!家族総出で褒める!これけっこう難しいよね!
・怒鳴ってる時にスジ違いだと気づき、途中で軌道修正する「怒鳴り敬語」の誕生。
・遅刻しそうでパンをくわえて走ると、道の角でぶつかる。デブのむさいおっさんに(´;ω;`)

アメリカ留学に挑戦!

今巻の書き下ろし。
 
急に思い付いたため、普通は2〜3以上前から準備する留学規定を、数ヶ月でクリアする羽目に。
SLEP(TOEIC,TOEFLの後方性留学試験)の合格(現:英語の成績10段階で2)
成績オール7以上(現:だいたい2〜4)
出席日数(現:あと一日でアウトが三教科)
という、いきなり逆境イレブン( ;´Д`)
これを7ヶ月で達成しろ、とのお達しに、息子は嘔吐( ;´Д`)
 
しかし息子は頑張る!
著者の札束攻撃で家庭教師を三人つけ、学校・塾・家で勉強の日々。
著者は息子が大好きな「芋もち」とおにぎりなど炭水化物飯で応援。
 
その結果。
SLEP合格!留学OK!
奇跡!!(´;∀;`)
 
しかし留学数日前に出席日数が足りないことが判明。
息子は休学して留学することを決意。日本に帰ってきたら二年生をやり直すことに。。
 
ここで著者は激怒するか、嘆き悲しむかと思いきや。

考えてみたら人より一年多く高校生できるのもラッキーだよね

「学歴にこだわらない」
「自分の人生は自分で決めさせる」
「いろんな経験をさせる」
という教育方針で子供を育ててきた著者。
大事な場面でチョンボした息子を責めず、応援してあげました。
 
息子は感謝してると思いますよ。失敗して落ち込んでる所に追い打ちかけられなくて。
 
最後の空港でのお別れの場面。

髪をのばしてちょっとヒゲ。
息子はもう父親似の男の子じゃなくなってて。
 
この子もう返ってこないかもしれないなあ。

似てないと思った直後、返ってこないと直感した著者。
父親の鴨ちゃんと同じく、これで世界を放浪するかもね(´;ω;`)
 
でも、よくここまで育てました。
 
さあ、あと一人残ってますよ。


※広告

いいとこ取り! 熟年交際のススメ
 


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 にほんブログ村
 

広告

広告

-読書
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.