テレビ

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(41)感想「明・李氏朝鮮 遠征編スタート!難しいテーマを、このドラマはどこまで公平に描けるか?」

更新日:

今回は2014/10/12放送、軍師官兵衛 第41話「男たちの覚悟」の感想です。
 
ついに秀吉の明攻めが始まる!
今の大韓民国から何かとクレームがきそうな、秀吉vs明・李氏朝鮮 編スタート!
あの戦いを、このドラマは、きちんと公平に描くことができるか?
 
ダメだろうけど。韓国に配慮するだろうけど。
 
※広告


 

今回のあらすじ

公式HPのあらすじはこちらです。
 ※( ・∀・)つあらすじ | NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」

今回の感想

・前回の続き、北条の領国召し上げからスタート。
徳川家康とその一党、関東へ国替えにお怒り。
・官兵衛、徳川家康とお別れの挨拶に。徳川家康は天下のために「関東で力を養う」と意味ありげに語る。
 
おね(北政所)、秀吉との飲みに、官兵衛を誘う。
故 竹中半兵衛をしのぶ一同。秀吉は最後の言葉を忘れてないというが・・。
・官兵衛、ここでまたも諫言。明攻めを諌める。竹中半兵衛の名をダシに、強く出る!
・当然秀吉は激おこプンプン丸。飲み会を中座。説得失敗。こうなるよねー。
 
・病床の豊臣秀長、がっくし。先は長くなさそう。
・またも女の戦い。秀吉の子供、鶴松が取り返す。もうやめろよ、おね陣営。勝ち目ないから。
 
・朝鮮の特使が秀吉の元へ。明攻めの道案内にさせるため。小西行長が間をもった。
・鶴松、粗相。外交官の前でなにやってんの。。
・小西行長、冷汗。理由は、朝鮮特使と話が通じてなくて、特使は単なる祝いに来ただけでしたー!
 小西行長が失敗を恐れて隠してましたー!
 これは酷い。外交でこんないい加減なことやったら、国家レベルの一大事になるだろ!
 
・竹中半兵衛の采配を見て考え事。この采配、何年使ってなかったのか。どこにしまってたの。
・官兵衛、またも秀吉の元へ。秀吉、最初からご機嫌斜め。官兵衛も懲りない。
・千利休、死罪にされた弟子の茶碗を秀吉に見せる。怒りの矛先が官兵衛から千利休へ。
・ここで李氏朝鮮の実情を秀吉に伝え、戦争を止めようとするも、秀吉「うわー!」と唸って退出。失敗。
 
石田三成、またも秀吉に千利休の悪口を吹き込む。千利休は像を作ったとかなんとか。
 石田三成は秀吉のためを思っての行動だけど。二人きりのときにやるから疑惑を産むのよね。
 讒言は、人の前で正々堂々とやらないと、他人が怪しむ。密室政治はダメよ〜ダメダメ
 
ここで豊臣秀長、没(´;ω;`)
 秀吉を諌める人物が減った。それより、豊臣家の実力者が減ったことの方が大きい。
 この人は軍事・内政ともに優れていた。。
 
・石田三成、千利休へ釘をさす。
・官兵衛は千利休に謝るように説得も、なぜか千利休はこのタイミングで茶道を官兵衛にレクチャー。
 たぶん遺言とか、最後の技の伝承のつもりだろうけど、このタイミングはないだろー。
・そして千利休、切腹を命じられる。ドラマから退場(´;ω;`)
・秀吉、最後まで謝らなかったことが気に入らず、千利休を晒し首にする!
 直後、気持ちを入れ替えて鶴松と遊ぶ!常人ではないな。
 
・やがて鶴松、病に倒れる!秀吉、動揺!茶々、放心。
・鶴松、三歳で世を去る(´;ω;`)
 
・秀吉、ショックで完全におかしくなる。畳に子供服を並べて嗚咽。やだよ、こんな人に仕えるの。
・秀吉、今頃千利休の死を反省。遅い。
・それでも官兵衛は見捨てない。いい人。涙と鼻水だらけの秀吉を抱きかかえる。うえっ。
 
・家臣一同、秀吉にならってまげを落とす。絶対権力者への媚び諂い、これに極まれり。
・秀吉、官兵衛に、肥前に築城を命じる。加藤清正と九州勢が担当。
・官兵衛、ここでも止めるが、秀吉は止まらない。
 子供を失った怒りを李氏朝鮮と明に八つ当たり!2カ国とも可哀想に。。
 
・名護屋城の築城、スタート。黒田長政もぶーたれる。
・黒田家が秀吉を支えないと国が滅びる。覚悟を決めた官兵衛。
 
・次回、朝鮮攻めで、石田三成と諸大名の対立がついに表面化!

前回の感想

//tokainakurasi.net/archives/6100

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(40)感想「秀吉の小田原攻め、やっぱり省エネ合戦シーン。第一話冒頭シーン登場も大きな工夫無し。」

次回の感想

//tokainakurasi.net/archives/6311

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(42)感想「苦難の大陸出兵。露骨で姑息な石田三成&増田長盛の官兵衛降ろし!」


※広告

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 四


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-テレビ
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.