読書

[マンガ]グラゼニ 16 [アダチ ケイジ]「目指せ6/60!メジャーに入ればメジャー流に従え!メジャーの流儀は「技術無き者は去れ!」」

更新日:

※核心以外はネタバレします。注意!
※私は15巻まで読了済み。
 
・「お金」をテーマにした野球マンガの最新刊。 
・今回は「メジャー編マイナーキャンプ」「ナッツ編 アドバイス」の2つを収録。
・前巻の15巻では野球のプレー以外の話が中心だったが、今回のメジャー編ではしっかり野球をやってます。
 
・今回も目玉が真っ黒なコージ・ウエハラ登場。前巻と違って、夏之介を評価するようになったのか?
・後輩の持田はいい人すぎ。凡田親密な理由は、おいおいナッツ編で語られるのかな?
 
広告


 

本はこちら

 
表紙と同じく、今巻は野球を真面目にやってます。

まずは6/60を目指す

前巻、ポスティング制度を使って一年目1億5000万円でメジャーのブルーソックスに移籍直前・・、大物投手の電撃移籍の煽りで「契約金800万+年俸800万」「メジャーに昇格したら年俸1億5000万円」と買い叩かれた夏之介。
 
早くメジャー昇格しないと給料は上がらず、あっさり首を切られる可能性も!
春のキャンプ、夏之介のアピールが始まる!
 
メジャー球団、ブルーソックスの選手は合計60人
40名がロースター枠(メジャー枠)、20名がマイナー枠。
ロースター枠の中からメジャーベンチ枠25名が選ばれる。
投手はうち約12人
夏之介のような中継ぎ枠はうち約6人
 
夏之介は、まずは60人の中の6人枠に入ることを目指します。
 
しかしその後、オカマっぽいBL(ボビー・リード)から、6人中4〜5人は内定済み、残り枠は1〜2名と聞いて涙目になる夏之介( ;´Д`)

日本とメジャーの違い

日本人がメジャーに行くと、ルール・環境・文化・相手の違いに惑わされる模様。
・練習時間が短い
・個人練習が多く、量は人によりバラバラ
・メジャーのボールは滑りやすく、球が高めに浮く。夏之介のような球威より制球力で勝負するピッチャーには死活問題。
・マウンドがかたい
・ストライクゾーンが外に広い(慣れれば外を上手く使えるので投手は楽
・ボールの縫い目が高い(上手くすれば曲がりやすい
・ブレーキングボール(スローな変化球)は打たれやすい(大きく曲げるとか、わずかに揺れるムービングボールとかには向いてる
・サブプレーヤーはユーティリティが求められる(足が速い代走要員は魅力が薄い
 
ただ。
デメリットばかりでなく、例えばストライクゾーンは外が広い等、やり方によってはメリットもあるんですよね。
いかに早く過去の成功体験である日本流を捨て、メジャー流にフィットできるか?
それがメジャーで成功するための最低条件なんでしょうね。

メジャーの流儀

BLアドバイスの「内角高めに見せ球→内角から外角低めに大きく落ちる変化球」案に、夏之介は疑問が。
ブラッシュ(顔近くにボール投げてのけぞらせる。バッターを起こす。)させるとメジャーは怒るのでは?と。
それに対するBLの意見。

BL
俺に言わせりゃよ・・
「メジャーの流儀」はたったひとつだ!
「技術なき者は去れ!」
これだけね!

「内角狙っても当てなきゃいい」「技術が無い奴がやったら怒られる」「本当に危ないボールとそうでないボールは見極めることができる」とのこと。
お互いが技術を持ったプロだからこそ、相手を信頼して戦えるのですね。

夏之介、メジャー昇格なるか?

キャンプの練習試合とメジャー組との紅白戦で結果を出した夏之介。
ファームディレクター(メジャー昇格・降格を判断する役職)のバル・ゴードンの評価は上々!
と唸らせた夏之介。
続きは次巻!

12〜15巻の感想はこちら

//tokainakurasi.net/archives/tag/%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%bc%e3%83%8b

グラゼニ | とかいな暮らし


広告

プロ野球お金にまつわる100の話


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村 にほんブログ村
 

広告

広告

-読書
-, ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.