とかいなか暮らし

PC使う人や忙しい人の手荒れ(主婦湿疹)にお勧め「ケロデックスクリーム」!1分で乾く速乾性と低刺激が魅力!

更新日:

※私の手荒れの写真、少しグロいかも。ご注意ください。
 
寒くなりましたね。
私はおっさんですが、小さい頃から一年中(乾燥する冬は特に)、手荒れやあかぎれに悩まされてます。
さすがあだ名が「病弱」、この身体は手荒れもバッチリ完備しております(´;∀;`)
 
今回は、私が一年中持ち歩いている手荒れ防止クリームについて。
 
広告


 

私の手荒れの状態

このブログを書く直前の写真です。
IMG_0608.JPG
これが右手の指。
手の甲側はそこまで酷くないですが、手のひら側は乾燥してひび割れ、指の腹部分は赤い肉の部分が透けて見えている部分も( ;´Д`)
手荒れが酷くなると、ここがぱっくり裂ける(あかぎれ)、もしくは水ぶくれになってかゆくなります。。
IMG_0609.JPG
こちらは左手の指。右手と違って症状がないor軽い。
 
これは、いわゆる主婦湿疹(手湿疹)かもしれません(医師からは言われてませんが、何となく)。

主婦湿疹は、たいていは右手の方が左手よりひどいようです。
 主婦仕事は、利き腕の右手が活躍し、素手で拭き掃除、洗い物や料理をしていると、右手がボロボロになるのは当然の結果です。
 そんな湿疹も、触って、こすれて起きるときは、手のひらや指腹の方にできます。

私は右利きなので、これに該当します。
洗い物時はゴム手袋することで、かなり改善しましたが、それでもこの有様。

パソコンを使うと手が荒れる?

これは持論ですが。
パソコンを使うことも主婦湿疹の原因かな?と思ってます。
 
キーボードやマウスという物質に長時間触っていること、
特に指の腹部分はキーボードを打つ際にプラスチック部分に叩き付けていることから、指に負担がかかるのではないかと。
 
パソコン使っているときに、出血してキーボードやマウスに血がつくことも( ;´Д`)
 
どこか、タオルみたいな柔らかいキーボード、発売してくれないかな?

一般的な軟膏薬の弱点

お手軽な手荒れ対策は、市販の軟膏薬を手に塗ったり、夜なら手袋してそのまま寝ることですね。
 
でもこれには以下の弱点があります。
 ・市販の軟膏薬は乾くまで時間がかかる(数時間手がべとべとする)。
 ・尿素が入った軟膏薬は、出血している場合は手にしみてひりひり痛い。
 ・寝る時に手袋つけると落ち着かない。取らないと眠れない。
 
最後のは私だけかもしれませんが(;・∀・)
忙しいとき、手がべとべとだと困りますよね。
 
私はSE時代で忙しいときは、
絆創膏やテービングを手荒れの酷い部分につけたり、100円ショップで使い捨ての白い手袋買って装着してキーボード打ったり(「中二病?」と周りから笑われてました( ;´Д`))と、苦労していました( ;´Д`)

クリームはこちら

忙しくて、軟膏が乾くのを待てない、短気な私。
愛用しているのは「ケロデックス」というクリームです。

佐鳴 ケロデックスクリーム 100g チューブ
 
丈夫なチューブなので破れたことはありません。
持ち運びに便利なので、カバンにいつも入れてます。
毎日使ってますが、これ一本で数ヶ月持ちます。
 
大学時代、これを小さな薬局で勧められて以来、十数年間愛用してます。
取扱店が極端に少なく、昔は探すのに苦労しましたが(神奈川県横浜市で作ってるのですね)、最近はAmazonで購入できるので、非常に楽になりましたヽ(゚∀゚)ノ

ケロデックスを使ってみた

使った写真を載せますね(グロい写真ですいません)。
IMG_0613.JPG
人差し指に塗りました。
ピンク色のクリームなんですが、写真だと分からないかな( ;´Д`)
IMG_0612.JPG
人差し指に塗り込んだ直後。
手のヒビがクリームで埋まってますね。
この後、1分くらいで乾き、べとべとしなくなります。
乾くのが速いことが、このクリームの最大の利点!ヽ(゚∀゚)ノ
 
そして、ヒビにクリームが入っても、尿素が含まれてないので、まったくしみて痛くなりません!

手荒れの回復が遅いかも

Amazonの商品説明に詳しい説明がありますが。
「油分で皮膚に潤いを与える」「塗ることで治す」一般の軟膏薬と違い、これは「バリアを張って外の刺激から守る」「治すのは人間の自然治癒力任せ」という特徴があります。
 
しかし、これは長所でもあり、短所でもあります。
 
「外部からの刺激をバリアで守る」効果は高くて水で洗い流されることも少ないのですが、「手荒れ自体を治す効き目が少ない」ため、手荒れを回復させる効果や回復スピードは遅く、酷い手荒れへの即効性はありません。
 
実際、私も、ケロデックスだけでは手荒れの回復が追いつかずに悪化しすぎ、皮膚科で軟膏薬をもらうことが、年に数回あります。

理想は軟膏薬とケロデックスの併用

理想的な使い方は「昼間の忙しい時間帯はケロデックスで凌ぎ、寝る前は軟膏でしっかり保湿して治す」と併用することでしょうか。
 
やはり酷い手荒れには、尿素なりステロイドなり入った軟膏の方が効きますからね。時間のある夜に塗ってます。
 
私は冬以外はケロデックスのみ、冬はケロデックスと軟膏の併用で凌いでいます。
手袋は苦手なので、寝付く直前には外してますが( ;´Д`)

ケロデックスのバリエーション

私は前述の100gチューブしか使ったこと無いですが。

小さなチューブタイプや、

大容量ポンプタイプや、

更に大容量タイプもあります。
 
お値段はけっこうしますので、まずは小さなチューブタイプから試してはどうでしょうか?
  
これから乾燥して寒い冬が始まります。
手荒れに苦しむ皆さん、頑張ってこの冬を乗り切りましょう!


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-とかいなか暮らし
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.