テレビ

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(44)感想「秀吉、寝小便で老いを自覚。わかるぞ、その気持ち・・」

更新日:

※サッカー観戦(しかも酷い負け方)のため、更新が遅れました(´;ω;`)
 
今回は2014/11/2放送、軍師官兵衛 第44話「落ちゆく巨星」の感想です。
 
狂乱した秀吉、今回はついに老いを自覚しました。寝小便で(´;ω;`)
「こんなことも出来なくなったのか」と、年を取ったことを思い知らされて、ショックをうけるだろうなぁ( ;´Д`)
なんだかすごく秀吉の情けない気持ちが理解できたシーンでした。。
 
※広告

今回のあらすじ

公式HPのあらすじはこちらです。
 ※( ・∀・)つあらすじ | NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」

今回の感想

・官兵衛が黒田如水と名乗って隠居した場面から。
 
豊臣秀次石田三成を恐れて武装!
「天下のために」「これが関白のお役目」と諭され、秀次は秀吉の前に出ることを決意。
・秀次は官位官職を剥奪、高野山送りにされるが命は助かった。。
・直後、茶々の「の将来がー」の言葉に咳き込み、あっさり前言撤回。
豊臣秀次、切腹(´;ω;`)
 
・黒田家の家臣、石田三成と茶々の悪口をいうも、官兵衛は全て自分がしょいこむ。背負い込み過ぎ。
おねvs茶々はもう書かなくていいですか?
 
・秀吉、寝ててお漏らし。これは自分の年を思い知らされるだろうからショックだろうな。私もこうなるんだろうか( ;´Д`)
・秀吉、拾の将来の不安と、大事な人達が皆いなくなっていく恐怖から、官兵衛にすがり、再仕官を命じる。 
 うっかり「三成は官兵衛を罰せよといった」と、とんでもないことをポロリ。
 もう天下人とか大名とかでなく、一人の人間としてダメだこいつは( ;´Д`)
 
・官兵衛は秀吉の懇願を聞き入れ、わずか二千石で秀吉直下に。
 聞き入れた瞬間、小躍りする秀吉。断ればよかったのに。。
・官兵衛は自らを犠牲に秀吉に付き添う覚悟を固めた。苦労人だなぁ(´;ω;`)
 
・長束正家、増田長盛、石田三成ら奉行衆、ノルマをこなしながら官兵衛の悪口を言い合う。職場のオフィスの一幕っぽい。
 
・黒田長政の使いで福島正則の元に向かったオリーブもこみち母里太兵衛に久々の出番!
 福島正則と酒飲み対決して勝利、家宝の槍をゲット!
 これが太兵衛の逸話か!
 
・あれ、明・李氏朝鮮と講和?まだ続いてたの?
 講和文書が気に入らない、こちらの条件を無視したとかで、秀吉狂乱!再度兵を出せ!とのたまった。
 これを目前で見た徳川家康は何を思う。
・黒田長政も次の戦いの苦戦を覚悟。久々に妻のが優しい。
 
・秀吉、自分の最後を悟り、明・李氏朝鮮との戦に熱意を燃やす!
・官兵衛、朝鮮行きを志願!
 「大事な官兵衛が出征することで、秀吉は戦いを思いとどまる策略」だったのかな?秀吉はひっかからず( ;´Д`)
 秀吉狂喜して茶々に報告。それ聞いて茶々が喜ぶと思ったか?
 
・拾、ここで豊臣秀頼に改名。
・家康、大根をすり降ろす?家康お得意の自家製の薬を作ってるの?
・家康「太閤の命はあと二年」あの狂態があと二年も持つのか( ;´Д`)
 
・翌年、黒田家は出征へ。無理に戦わない戦法に。つまり前線のサボタージュ。資源と労力の浪費だな。
・官兵衛の子供、熊之助、出征を志願するも官兵衛は拒否。黒田家の跡継ぎが全員朝鮮に行くことを慮って。
 
・再び朝鮮へ。CG使い回し?雪の映像を追加しただけ?
小早川隆景も病床に。跡継ぎの小早川秀秋の後継を官兵衛に託す。
・小早川隆景、官兵衛と二人で会話。今後の戦乱を憂い、官兵衛を褒め、戒め、昔の備中高松攻めや中国大返しを語り合う。
 官兵衛「あの頃は楽しかった」涙ながらに語る官兵衛。本当にね(´;ω;`)
・病床で官兵衛に感謝する人が多い気がする、このドラマ。
・さよならだけが人生さ。小早川隆景、没(´;ω;`)
 
・熊之助、なんと朝鮮行きの船に密航!若気の至りか( ;´Д`)
・官兵衛、朝鮮に到着。陣屋がぼろい。
 
・次回、秀吉はまだしも、熊之助は大丈夫なのか?

前回の感想

//tokainakurasi.net/archives/6416

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(43)感想「いつの間にか明・李氏朝鮮編が終了。官兵衛の処世術は如水になること。」

次回の感想

//tokainakurasi.net/archives/6660

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(45)感想「官兵衛、秀吉最後の願いを拒絶!竹中直人は秀吉を見事に演じきった。」


広告

軍師 黒田官兵衛伝 2 (ジェッツコミックス)


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-テレビ
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.