テレビ

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(47)感想「あれもこれも、全部官兵衛のしわざ!岡田准一の不適な笑み!」

更新日:

今回は2014/11/23放送、軍師官兵衛 第47話「如水謀(はか)る」の感想です。
 
いろんな事件の裏に、実は官兵衛が絡んでいた!
全て官兵衛の思惑通りに進む!
こ、これは孔明官兵衛の罠じゃ!
 
いや、官兵衛を超人化しすぎでしょう( ;´Д`)
若い人がこれを本気にしたらどうすんのよ・・。
 
ストーリーはともかく、官兵衛のニヤリの演技、状況を楽しんでる策士の笑みっぽさが表現されており、とてもよかったです!
 
広告

今回のあらすじ

公式HPのあらすじはこちらです。
 ※( ・∀・)つあらすじ | NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」

今回の感想

前回の総まとめ、黒田長政らの脳筋が、石田三成にキレてるシーンからスタート。
 
家康豊臣秀頼に挨拶、しばらく大阪にとどまるとのこと。
 「ゆっくりしていってね(棒」
・官兵衛の笑みが邪悪。
・官兵衛、北政所に、大阪城西の丸を家康に譲るよう進言!
 え、これ官兵衛発案になるの?いいとこ全部、官兵衛がもっていくの?
 
・黒田長政、家康におべっか。忠誠を誓う。
・家康は如水(官兵衛)のことを気にする。長政は「父は隠居した」と回答するが、面白くないだろうね。
 
前回から体調とメンタルのバランスを崩してる。
 長政は慰めるが、糸は「もぅマジ無理・・里に戻してェ・・」とあっちの世界にいったような表情を( ;´Д`)
・一方、年をとっても仲の良いと官兵衛。
 明るい部屋で、思いっきり政略の話をして笑う。
 長政は暗い部屋で糸と暗い話をしてたのに。。
 
・官兵衛、長政を呼び、大阪を任せること、官兵衛は九州の中津に戻ると宣言。豊臣と家康のどちらにもつかないと名言。
・一方、長政は家康につくよう説得。「幼い秀頼では・・」「かつて父上が秀吉を天下人としたように、某も徳川様を天下人に」と考えてる模様。
 おお、立派な発言だ、バカ殿長政!官兵衛を見習った行動をするとは!成長したな!(´;∀;`)
・官兵衛は長政の成長を褒め「ワシは好きなようにやる」と去っていった。
 
・一方佐和山の石田三成。出家して変な頭巾を被ってる。増田長盛は何も変化なし。
・そこに官兵衛が!どこでも顔を出すなお前!
・官兵衛「よい城じゃのう・・この城を落とすのは至難の業じゃ。感心いたした。」不適な笑み。
官兵衛「いかにして徳川殿を討つ?」直球ストレート!
上杉景勝直江兼続と志を同じくし、そして徳川を東におびきよせ・・って、これ、直江兼続と石田三成が仕組んだやり方よね?これも官兵衛発案になるの?えー。
・でもこれは家康が見抜いてるからダメよ〜ダメダメと「最後の」忠告。
 えー、官兵衛は家康のこともお見通しなの?
・石田三成、去っていった官兵衛にむかっ腹立てる。
 あれやこれやと口を出されたから、気持ちはわかる。
 
・今度は毛利輝元と会談。こっちにも顔を出したか!
 久々、安国寺恵瓊登場。
・安国寺恵瓊「このワシの見通し、今まで間違ったことはない。信長様や秀吉様のときもそうだった」フラグですね。
吉川広家は石田三成嫌い。
 官兵衛らは毛利は戦になるとバラバラになると予想。それを想定して戦略を練ることに。うわー恐ろしい!そして毛利を助けないのか・・。
 
・家康「わしも人質として苦労した身じゃ。頼りにしておるぞ」これ、前も同じこと言わなかった?
・ベロベロに酔って、長政の前から退席する家康・・廊下に出たとたん「あ〜酔った酔った」と真顔で語り、しゃきっと背筋伸ばして歩く。コント?
・家康側近の井伊直政、長政に縁談を進める。「今のままでは子が・・」と痛い所をつく。知ってるな、糸のことを。
・長政、夕日をぼーっとみている、精神的にヤバい糸に話を。。
 
・「上杉に謀反の疑いあり」の情報が官兵衛の元に!戦じゃ戦じゃ!
・石田三成、徳川家康、共に仲間を集める!福島正則加藤清正と長政の脳筋三人衆、家康の元に集う。
長政、縁談に諾と返事!これも家康に忠誠を誓うため。
 
・その結果、長政は糸と離縁。この時代、女性の離縁はもう酷いことになるのでは・・。
 優しく言葉をかける光に「その優しさが辛かった」とブチまける侍女。言わんでもいいことを。
・わが娘のお菊に「しばらくお前と会えぬ」と最後の分かれ(´;ω;`)
 え、これが糸の最後の出番になるの?最初は空気を読めないキャラでどうでもよかったが、この最後のシーンはかわいそう(´;ω;`)
 
・官兵衛は長政の心中を察する。これが乱世、生き残るためにはこうするしかない。
・家康の養女、と祝言をあげる。
 私の脳裏には、「黒田と徳川の架け橋になる」と語った栄の姿が、真田太平記で真田信之の妻になった、徳川家の名将:本多忠勝の娘の小松殿とダブった。

真田太平記(一)天魔の夏
 
・淀、そっぽをみながら、戦陣に出発する家康にありがたきお言葉を!
 「無事を祈ってます(棒」
・石田三成、仲間を集める!安国寺恵瓊は官兵衛の名前が無いというが「必要ない」と吐き捨てる石田三成。
 安国寺恵瓊、しくったと思ったのでは。
 しかし石田三成よ、利用する者はなんでも利用しろよ。家康はそうやってるぞ。
・豊臣方は、大阪在住の大名の妻子を監禁するとのこと。栗山善助オリーブもこみち母里太兵衛の二人が妻子を守るために働く。
 
・官兵衛は挙兵すると語る!九州の中津には兵が少ないけど・・?
・官兵衛はまたも不適な笑み!良い演技ですね!

・次回、ついに関ヶ原の戦いが始まるか!?

前回の感想

//tokainakurasi.net/archives/6736

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(46)感想「官兵衛の天下取り編スタート!伏線のバーゲンセールで、ドラマは一気に終盤へ!」

次回の感想

//tokainakurasi.net/archives/7164

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(48)感想「大阪から逃亡する黒田一行、突然中津へワープ!コントか!」


広告

軍師官兵衛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-テレビ
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.