テレビ

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(49)感想「2つの戦場が次々入れ替わるテンポよい展開も、やはり戦闘シーンは経費削減」

更新日:

今回は2014/12/7放送、軍師官兵衛 第49話「如水最後の勝負」の感想です。
 
今回は、西の官兵衛、東の家康、二カ所の場面がめまぐるしく交代する、テンポが速い展開。
 
それはいいんですが。
久しぶりの一騎打ちシーン含め、戦闘シーンのエキストラの人数が少なかったり、一騎打ちがへっぴり腰だったりと、やはり戦闘シーンがイマイチ。
 
ここがクライマックスなのに、残念。
 
広告


 

今回のあらすじ

公式HPのあらすじはこちらです。
 ※( ・∀・)つあらすじ | NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」

今回の感想

前回の続き、官兵衛がいよいよ天下取りに動く!
 
官兵衛(如水)の元に、後藤又兵衛からの手紙が。
 家康は出馬、豊臣秀頼の反対で出陣せず!
 淀が歴史に残した最大の汚点がこれ。
石田三成、淀の方の勝手な言い分に唇を噛むも、逆らえない。
 
黒田長政の元に、小早川秀秋の家老の姿が。
 前回、北政所の仲介で、黒田長政に内応を約束!
 黒田長政、家康のお墨付きで二カ国の所領を約束したが・・本当?でまかせでは?
・そんな小早川秀秋の元には、石田三成が。
 こちらも関白とか所領とか黄金とか、あま〜い夢をみせて、お子ちゃま小早川秀秋をその気にさせる。
大谷吉継、初登場!でもチョイ役( ;´Д`)
 
・今度は九州の官兵衛のシーン。
 まずは豊後の大友を攻める!
 「大友は臆病者だー!」と挑発、兵士はゲラゲラ笑う!
 官兵衛の演説で兵士の士気はMAXに!
・官兵衛「九州全土を我が手に!」
 さあこのドラマ、久しぶりの戦闘シーンだぞ!
 
・んで、豊後高田城、あっさり陥落!戦闘シーンは10秒くらい!やはりこのドラマの戦闘シーンは経費削減を最優先!
・官兵衛の元に、竹中半兵衛の従兄弟、石田三成についた竹中重利が降伏してきた。
 官兵衛は「竹中半兵衛の従兄弟とは思えぬ・・」とチクリ。
 故・竹中半兵衛が、この官兵衛の暗黒面に落ちた表情をみたら、驚くだろうか?「よしよし」と頷くだろうか?
・官兵衛は竹中重利を今すぐ前線に送ろうとする。
 竹中重利は断るが、官兵衛は邪悪な笑みで許さない。鬼だ。
 
・ライバルの大友、かつて官兵衛の元にいた、猛将の吉弘統幸の諌めもきかず「如水など恐るに足らぬ!」と負けフラグを立てて出陣。
 
・一方、家康。
 官兵衛が九州で旗を挙げたことを知る。
 井伊直政は喜ぶも、家康は「何をするかしれたものではない」と警戒。
・黒田長政は、石田三成側の武将に調略を次々仕掛け、吉川広家も内応させた!
 なんか急に立派になったね、このバカ殿。
・黒田長政と後藤又兵衛、官兵衛の挙兵が天下を狙ってると気付いている。
 黒田長政「黒田の当主はワシじゃ」あくまで黒田本家は家康につく。
 
・今度は官兵衛。
 九州で連戦連勝!戦闘シーン、兵士の密度が薄い!もっとエキストラを雇えよ!
・大友と官兵衛の戦い、大一番!石垣原の戦いスタート!
 
・吉弘統幸と井上九郎右衛門、一騎打ち!
 ・・と思いきや、井上九郎右衛門は馬を降りて説得しようとする。
 そんな井上九郎右衛門を後方から兵士が斬りつける!ひどい!話し中だぞ!
・吉弘統幸も兵士を叱りつけ、今度こそ一騎打ちスタート!
・スローでへっぴり腰な殺陣。もっと演技指導しなさい。
・井上九郎右衛門、劣勢!吉弘統幸に、上から体重をかけて鍔迫り合いで押さえこまれる!
 と思ったら、なんと下から力で刀を押し返し、逆に吉弘統幸の首に刀を当てる!
 なんという馬鹿力!よくそんなにパワーあるな!普通出来ないよ!もこみちならわかるけど。
・「あの頃は楽しかった」と言い残して、吉弘統幸、自ら首に刀を・・(´;ω;`)
 吉弘統幸役の的場浩司があっさり死ぬドラマって( ;´Д`)
 
大友、降伏!
 官兵衛は大友を許して味方に。ああ、30分で大友の出番、終了( ;´Д`)
・留守のは安堵。
 
・次は家康、大垣城を包囲。
 家康は黒田長政の調略を褒める。
 調略ばかりが褒められる黒田長政。
・家康は石田三成の本拠地、佐和山城を攻める構えを見せて、石田三成を城から引っ張りだす算段。
・石田三成、大阪の毛利輝元らの動静が怪しく、味方を信じられないので、関ヶ原で一気に野戦で勝負をつけようとする。
 野戦は家康の大好物なんだが、知らないの?思うつぼですね。
 
吉川広家は石田三成の言う事を聞かずに立ち去る。
 安国寺恵瓊、しょんぼり。
 石田三成の鎧兜の角が大きくて長くてなんか笑える。
・石田三成は小早川秀秋に従うよう念を押すが、効果ないよね。
・帰り道、石田三成は官兵衛の「家康殿は全てお見通し」の言葉をリフレイン。
 でも言う事聞かない。
 
・家康、関ヶ原に陣を張る。
 黒田長政の伝令、家康に敵は2〜3万と告げる。
 家康「10万では?」
 伝令「戦意があるのは2〜3万」
 家康「ハッハッハ。さすが黒田だ!褒美じゃ!」
 手の届く範囲にあった饅頭を1つ掴んで、伝令に渡す。
 伝令、その場で食べる。
 豪快ですね。
 
・おっと、こんどは九州の官兵衛の戦闘シーン。飯食ってる敵を襲う官兵衛。破竹の勢い。
 
次回、いよいよ最終回!
 って、放送日、12/14じゃなくて12/21なの?
 えー!その日、TVみれない!
 よって、最終回の感想と、このドラマの総括の更新は、12/25(木)以降とさせてください_(:3 」∠ )_

前回の感想

//tokainakurasi.net/archives/7164

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(48)感想「大阪から逃亡する黒田一行、突然中津へワープ!コントか!」

次回の感想

//tokainakurasi.net/archives/7393

[最終回]NHK大河ドラマ 軍師官兵衛(50)感想「石田三成、あっさり退場。大量のイベントを駆け足で消化し、最後は光が締める。」


広告

[NHK大河ドラマ] 『軍師官兵衛』 完全ガイドブック PART2 (TOKYO NEWS MOOK 428号)


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-テレビ
-,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.