旅行

[島根名物2]錦織圭の好物「のどぐろ」小型はサンピコ江津で1000円から。「赤天」と共に都会で人気。もうやめて「吉田くん」

更新日:

前回のどじょう掬いまんじゅうとあご野焼きの話に続き、島根名物の話。
 
2014/12/28。
道の駅「サンピコ江津」にいったときに「のどぐろ」「赤天」をみかけました。
 
広告


 

サンピコ江津

http://www.cgr.mlit.go.jp/chiki/doyroj/station/cgi-bin/station_info.pl?param=3224

中国の「道の駅」

ここにはいろいろあります。

IMG_2310.JPG
産地直送の野菜・魚・名産品売り場。 
IMG_2312.JPG
スーパーより安く、新鮮な品がずらり。
IMG_2311.JPG
田舎の特徴、どでかい駐車場。
観光バスも余裕で止まれます。
 
食事処にお土産屋もあるし、この周辺は大型のデパートもないので、とっても貴重な施設ですね。

のどぐろ

錦織圭がTVでPR

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/10/02/kiji/K20141002009029350.html

島根ウハウハ 錦織「ノドグロが食べたい」で特需! ― スポニチ Sponichi Annex 社会

テニスの全米オープン男子シングルスで準優勝した錦織圭(24)の「ノドグロが食べたい」という発言をきっかけに、同選手の地元・島根県が特産の高級魚「ノドグロ」ブームに沸いている。

これ、何度もニュースで見ました。
2014年のテニス界で、日本人として偉業を達成した錦織圭の言葉を、メディアはそのまま使ってくれましたね。
ありがたや!
 
ちょっと脱線しますが。

僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ (単行本)

Jリーグ「川崎フロンターレ」の広報が書いた上記の本の中で。
「サッカー以外の場面でいかにフロンターレの露出ができるかを常に考えている」といった内容を読んだ記憶がありましたが。
その正しさがこれでわかった気がします。
スポーツそのもの以外のコーナーでも取り上げられるネタがあると、登場回数がグっと増えるんですね。

ノドグロは全国的にはアカムツと呼ばれる高級魚で、特に山陰沖産のものは高値で取引される。脂が乗っていて「白身のトロ」の異名を持ち、口の中が黒いことからノドグロと呼ばれる。上品な味わいで煮ても焼いてもおいしい。

「のどぐろ」=「アカムツ」
白身のトロとは、いかにも高級で油にのった魚っぽい印象を与えますね。

 09年にノドグロを市の魚に制定した浜田市は錦織が帰省した際に感謝の気持ちを込めて、浜田産のノドグロを贈る予定。担当者は「ブームで終わらせず、ブランドとして確立していきたい」と話した。

島根県浜田市、よく目を付けた!

一匹1000円以上?

 
魚コーナーでのどぐろを発見。
この日の値段は・・


「開干し」=「生を開いて干したもの」は(何匹入りか写真に入ってませんが)1600円
冷凍だと、このサイズで2匹入りで1900円


こちらは冷蔵。1匹1000円
 
意外と安いと思いましたが。
写真の通り、これらは小型な方。
それでも1000円以上と、お高い牛肉並みの値段。
 
ググると、大きめなのどぐろがずらり。
通販では2000円から、2500円から、5000円から、10000円から・・と出てきました。
そう考えると、産直の値段はやはり安いのかな。

のどぐろの存在を神奈川で知る

実は私、のどぐろの存在を知ったのは、神奈川で働きだしてから。
忘年会で出てきまして。
 
「お前島根出身だろ。のどぐろ、美味しいよな!」
「高級魚だしな!地元で有名だろ?」
「お、おう・・(なにそれおいしいの?」 
島根県に住んでた2002年頃まで、全然聞いた事ありませんでしたが(;・∀・)
というか、うちはど田舎なので、そんな高級魚買わないし(;・∀・)

焼いたものを食べると、確かに美味かったです。油たっぷり。
でも、味よりも何よりも。
「田舎より都会の方が評価が高い物がある」ことを知ったことの方が、衝撃でした。
これが「価値」「商売」というやつなんですね。勉強になりました。 


漁師に聞いたのどぐろ

それに。
私のおじさんは漁師なので、魚はそこでもらっているから、あまり買わないんですよ。
 
おじさんは、海の家の猫の話で登場した家に住んでます。
 
最近になって、たまにのどぐろをもらったことも。
焼いたものや、にぎり寿司を大皿いっぱいに、ね。
ビバ縁故!
うはははははは!!(*´ω`*)
 
写真とってなかったよ_(:3 」∠ )_
 
さて。
あるとき、漁師のおじさんに、のどぐろについて聞いてみました。
※私は素人なので、聞き間違いがあれば申し訳ありません。
 
・島根県からずっと沖に出ないと採れない。
・普通のやり方では、稀に小さなのどぐろが網にかかるくらい。
・海の深いところにいるのでなかなか採れない。だから高い。
・大きなのどぐろは数が少なく、貴重。
・大きなのどぐろは全て都会に高値で売られる。
 
ああ、これは貴重だ。。
島根県を潤すために、のどぐろ、もっと日本中に広がってほしいです!

築地市場の目利きが厳選 『島根県産(濱田) 干物 幻の魚のどぐろ一夜干し×5枚セット』

赤天

これも首都圏の複数の人から聞いた話ですが。


この赤天というやつ、美味しいらしいです。

http://www.oideya.jp/category/akaten.htm

赤天 あかてん 浜田のB級グルメ 赤てん 干物通販おいで屋

浜田のお土産の定番赤天。魚肉のすり身に赤唐辛子を練りこんでいるので、赤天(あかてん)と言われています。 地物では赤天を知らない人は居ないほど有名。ビールのおつまみから、小学生のお弁当のおかずまで、幅広く食べられています。

・・のどぐろと同じく、なぜ地元なのに私は知らないのか( ;´Д`)
都会はグルメなのか、私の実家が山の中すぎるからか。。
 
この帰省中、買えるチャンスがあったら買ってみます。

【メーカー直送】江木 なうなう赤てん 5枚袋入り × 2個

吉田くん・・


(´;∀;`)


広告

島根県×鷹の爪スーパーデラックス自虐カレンダー壁掛版 2015 ([カレンダー])


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-旅行
-, ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.