テレビ

[感想]相棒 season13 第11話 米沢さん殺人犯&退職危機!最高の題材も、一時間では足りなかったか。

更新日:

※真犯人とそのトリック以外のネタバレあり、注意!
 
テレビ朝日の大人気警察物シリーズ「相棒」
今回の目玉は、


相棒名物、鑑識の米沢さん犯人の疑いをかけられ、退職?・・という、「えっ?」と思わずにはいられない話でした。
 
広告


 

公式HPはこちら

http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0011/

2015年1月14日(水)よる9:00~9:54第11話 「米沢守、最後の挨拶」|相棒 season13

全体的な感想

・ストーリーは悪くなかったですが、もっといろいろできたはず!とやや残念に思いました。
  
・出来ればスペシャルで、二時間枠で見たかったです。 
 一時間枠だと、犯人候補が前半で出てきてしまうので、先の展開が読めてしまいますので。
 ゲソ痕の話から、ある程度犯人が想像ついてしまうし。
 もっとも、犯人がばれやすいというのは、シリーズ一時間枠の相棒だといつものことなので、仕方ないですが。
 
・かつて、警視庁の刑事部捜査一課の人気刑事三人組、三浦刑事ですら退場させたドラマなので、もしや…?と予告で思わせただけに、期待値が上がりすぎたかもしれません。

雑感

・今回のテーマは「鑑識のプライド」「師匠と弟子」それに甲斐が序盤で口に出した「虚像」
 米沢さん、部下の早乙女、上司の山崎の三人の信頼関係、米沢さんが仕事にどれだけ誇りを持っているか?が伺えて、よかったと思います。
 
・トリックや細部は不満
 ・いくら鑑識とはいえ、そんな簡単に道具をいじられるのか?(だから不祥事であり、速攻で米沢さんをクビにしようとしたのだが…
 ・誰でもバックドラフトが原因だと思うはずなのに、なぜ右京や甲斐が気付いたのか?いくら妨害があったとはいえ…。
 ・マスクしてるのに、マスクを貫通して綿棒を汚染することって、本当にあるのか?過去に同じ失敗した人がいそうだけど?もう少しかばってやれなかったのか、鑑識全体で。
  といっても、DNAが残る事態が連発したことが致命的だったかもしれないが。

・犯人の動機は、相棒らしい「少し歯車が狂っただけで、大きな事件にまで発達してしまった」「そんな理由で…」だったのでよかった
 といっても、犯人の同期には、米沢さんでなくてもガッカリしたかな。。
 
・警察というミスが許されない場所で働く人達に涙。神経すり減るよね。
 世の中の平和は、多くの名もない人達が、いろいろなものを犠牲にして支えてるんだなあ・・としんみりしました。


広告



 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村

ストーリーは悪くなかったですが、やはり一時間では時間が短かったです。出来ればスペシャルで二時間で見たかったです。
米沢さんという人気キャラ、その彼が殺人&退職、と予告の食いつきが大きかっただけに。
一課の人気刑事三人組、三浦刑事ですら退場させたドラマなので、もしや…と思っていただけに。

一時間だと、真犯人候補が前半で出てきてしまうので、身構えてしまうというのもあります。ゲソ痕の話からも、想像ついてしまう。これはシリーズ一時間だといつものことなので仕方ない。

今回のテーマは「鑑識のプライド」「師匠と弟子」それに甲斐が序盤で口に出した「虚像」。
米沢さん、部下の早乙女、上司の山崎の三人の信頼関係が伺えました。それだけに、二時間あれば、もっと濃くじっくりと描けたのでは。

トリックや細部は不満。時間があれば…。
・いくら鑑識とはいえ、そんな簡単に道具をいじられるのか?(だから不祥事であり、速攻で米沢さんをクビにしようとしたのだが…
・バックドラフトを原因にあげない鑑識っているのか?
・マスクしてるのに唾液?などがマスクを貫通することあるのか?だから米沢さんは初歩的なミスをしたことにより自信喪失したといえばそれまでだが。
これくらい、他の人もやってて、前歴ありそうなんだが…。連発する事態がレアケースか?

犯人の動機は、相棒らしい「少し歯車が狂っただけで事件にまで発達」でよかった。

警察というミスが許されない場所で働く人達に涙。神経すり減るよね。世の中の平和は、名もなき裏方がいろいろなものを犠牲にして動くことで成り立っているんだな…。


広告



 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村

広告

広告

-テレビ
-

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.