読書

[マンガ]グラゼニ 17巻(完)[アダチケイジ]「プロ野球選手の成功より、将来の安泰を選んだ夏之介!とっても"らしい"最後で納得!」

更新日:

2015/1/23発売。
モーニングで「ジャイアントキリング」と共に好評連載中、「お金」をテーマにした野球マンガ「グラゼニ」17巻(最終巻)の感想です。
 
※ネタバレ注意!
 
広告


 

本はこちら

 
メジャー編の主要人物が表紙に。
主人公の凡田夏之介に、初登場時と真逆の印象となったコージ・ウエハラ、ついに夏之介とチューしちゃったBL(ボビー・リード)、通訳兼練習相手の後輩持田、そして夏之介の運命を狂わせた大物レジー・クレイボー

収録内容

今回は大きく分けて「メジャー編」「帰国編(解雇・契約・シリーズまとめ)」の2つ。
ページ数は半々。
 
過去登場した牧場センセ、ニッシー、箕川、アキラも登場し、最終巻らしいクライマックスへ。
 
ナッツ編、もう終わったのか、今回は無し。
ナッツのドラフト会議の模様、見たかったなあ。

前巻の概要をざっくりと


グラゼニ(16)
・マイナー契約(年俸800万)からスタート。
・早くメジャー昇格しないと、給料は上がらないわ、解雇される可能性大だわで、必死の夏之介。
・日本とメジャーの違いに戸惑う夏之介。
・ホモっぽいBL(ボビー・リード)から曲がりすぎるカーブを教えられると、状況一変。紅白戦で結果を出した!

・・というとこで17巻へ。
 
細かい感想はこちらに書きました。

メジャー編

紅白戦後

コージ・ウエハラ、BLらと会話するシーンから。
 
「フォーク」「スプリット」の違いは回転数
 回転数がフォークより多いスプリットは、空気抵抗と重力の影響を受けにくく、スピードが出やすくて打者の手前で落ちる。


・日本と違い、アメリカの球場が左右非対称な設計が多い理由は「立地条件」「「ベースボールの原点は空き地の草野球」であり、ベースボールはイビツな場所でやるもの・・という
 
・またもBLのカンチョー攻撃で悶絶する夏之介。しかもキス付き。おえっ
・ブルーソックスの監督、モンテ・ベーカーから、オープン戦はA組起用を言い渡される!メジャー昇格への最初のハードルは越えた。

オープン戦

・なんと5試合登板で失点0
 しかも8回夏之介、9回コージ・ウエハラとセットで起用!
・その活躍は、スポーツニュースとして日本の人々にも伝わる!
 上がる夏之介の株!
 
・持田、夏之介の練習時、ミットの綿を全ヌキしていた!(綿を抜くとボールキャッチ時にいい音が出る。これで投手は気持ちよく練習できたり、球の威力を確認できる。)
 その代償として、捕球時の球の衝撃をほとんど吸収できない。つまり140キロ以上の硬球を直に捕球する羽目になる。
 持田の左手はパンパンに腫れ上がっていた・・。

 持田
先輩・・
僕の左手をもっともっと腫れ上がらせてください!
 夏之介
お前・・
そ そこまですることがお前の"業務"だってのか・・?
 持田
はい!業務です!
こんな「幸せな業務」ないじゃないですか〜〜先輩

・・なんと先輩思いの後輩なんだ(´;ω;`)
 
持田の献身、コージ・ウエハラとBLの強力により、夏之介のメジャー昇格は秒読みに。

帰国・契約・シリーズまとめ編

突然の解雇!

と思ってたら。
夏之介、突然の解雇!
 
理由は「レジー・クレイボー復帰により押し出された」「ダーティ桜塚が裏で動いた」から。
 
まずは、メジャー編で散々噂のあった、超大物「レジー・クレイボー」投手のことから。
・どうやら、BLともう一度、思い出のある同じチームで野球がやりたかった模様。
 夏之介を戦力と見込んで協力してきたBLが、解雇の引き金となった皮肉。。
・クレイボーは5人目の先発投手に。
・5人目先発投手候補だったクラック中継ぎ投手に押し出される。
 
一昨年やってて実績が有るので計算できるし、信頼も厚い。
・クラックが中継ぎにきたので、同じ中継ぎの中から夏之介が押し出された
 
・夏之介の立場は弱かった。
 ・クラックはマイナー落ちできない契約だったが、夏之介はマイナー契約のまま。
 ・神宮スパイダースと揉めてメジャー入りした過去から、トレード先が嫌がる。
  同じ理由で、日本球団からも敬遠される。しかし、こっちはダーティ桜塚がウルトラCで打開(後述)
 ・メジャーに憧れが少ないので、切っても大丈夫そうだった。
5億円払って獲得したけど、レジー・クレイボーに比べたらたいした額ではなかった。恐るべし金持ち。 
 
そして、夏之介の代理人、ダーティ桜塚の暗躍。
・夏之介の知らない所で、「文京モップス」「ブルーソックス」と、「夏之介 ー マーク・コーン」の選手トレードの密約を結んでいた!
 夏之介は帰国しても就職先と年俸に困らず、モップスは優秀な中継ぎ投手を獲得でき、ブルーソックスはモップスのマーク・コーン1塁手を来年確実に獲得でき、ダーティ桜塚は契約金を獲得できる。
 Win-Win-Win-Winで全員笑顔。
 めでたしめでたし!
恐るべし男。。
 持田曰く悪(ダーティ)だと思います」「でも・・僕が見習わねばならない・・最高のビジネスマンです!」
 私も、ビジネスのためには泥水をすすることも辞さないダーティ桜塚が大好きです。
 リアルでは近寄りたくないけど、ね。
 
でも、その裏事情を、持田や夏之介に教えしまった(夏之介に直接バラしはしなかったが)ストーリーは、納得いかない。今巻で一番、私が納得できない部分。
本来は墓場まで持っていくべきだったのに。
マンガだから?
ダーティ桜塚も人の子だから?
 
このままグレーのまま、ストーリーが進んだ方が、リアリティあった気がするけどなあ。

これこそが人生

帰国直前。
夏之介はBLに心境を語ります(一部だけ英語で引用します)。

 夏之介
でもね・・ボビーさん・・
僕はこれが"人生"ということだと思っているんです
いや・・これこそが"人生"!(This is the "life"!)
"人生"とはままならないものでしょ

夏之介、悟ってるな。
さすが実力世界の「プロ野球株式会社」で、実力がある同僚も先輩も後輩が運に恵まれず消えていった中、何年も飯を食ってきただけはある。

 BL
「プロ野球」は契約社会だ・・
実力があってもクビを切られる時もある・・
だが「クビ」になっても・・
選手生活は続いていく・・
そう・・
「ベースボール」は"人生"・・!

実力があってもダメ。
人生って難しいね。。

お金か愛か?

日本に帰国後、モップスの事務所に連れて行かれ、もう少しで契約書にハンを押す所だった夏之介。
その手を止めさせたのは、名古屋ワイルドワンズ
 
以前から夏之介の獲得を狙っていた北王子監督
年俸は、モップスより500万円多い8500万円
出来高の条件もやや緩い。
名古屋には、スパイダースで同期&親友だったアキラもいる。
 
夏之介がモップスを選んだとすれば。
幼い頃からの憧れの球団に入れる。
環境と人気は抜群。
婚約を延期中で、恵比寿のキッチン味平で働くことを望むユキさんと一緒にいれる。
ただ、中継ぎ陣は飽和しているため、活躍できる保証は無い。
 
既に夏之介をモップスに売っていたダーティ桜塚だが・・、モップスと名古屋のどちらにするかは、夏之介に任せることに。
 
悩みまくった夏之介。
 
ユキさんの表現を借りると「名古屋(プロ野球選手として正しい道)か、モップス(女)か?」
 
人生の転換期で、夏之介はどちらを選ぶのか?

将来の安泰を選んだ夏之介

夏之介が選んだのはモップス
ユキさんを選んだ!
 
周りの人がどんどん幸せになっていったこと、ユキさんが背中を押してくれたこともあるが。
今のプロ野球選手としての成功より、将来の安泰を優先したため、でした。
 
夏之介は、1巻からブレませんでした。
「プロ野球株式会社であと何年働けるか?」
「一生分のお金を稼げるか?」
と常に不安に思っており、野球選手としての実力に絶対の自信を持っていなかった。
引退後に貯金が無くなることに、極度の恐怖を抱いていた。
 
モップスにすれば。
引退後に、料理のうまいユキさんと、"街の定食屋"「めおと食堂」を開くことができ、セカンドキャリアの大きなアドバンテージが得られる。
 
つまり、引退後は安泰!
だからモップス!
 
ああ、とっても夏之介らしい!
プロ野球史上に残るスーパースターなら「えー・・」なんですが。
夏之介は小心者なフツーの選手ですからね。
名古屋に行っても、成績次第では北王子監督やアキラがいなくなる可能性もあるし、夏之介自身も活躍できるかさっぱりわからないし。
私生活を充実させたいプロ野球選手がいたっていいじゃないか!
 
「グラゼニ」ここに堂々と完結!
とっても「グラゼニらしい」最後でよかったです!

そして新シリーズへ!

「グラゼニ」は17巻で終わりました。
 
巻末、新シリーズ「グラゼニ 東京ドーム編」開始のお知らせが!

グラゼニ~東京ドーム編~(1)
なんと、17巻と同時に発売済み!
 
私も入手したので。
近日中に、感想を当ブログに書く予定です。
こちらに書きました。
 
大好きなマンガなので、続いてよかった!


広告

勝つのが仕事!―プロ野球選手のセカンドキャリア

その他のグラゼニの感想はこちらから

//tokainakurasi.net/archives/tag/%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%bc%e3%83%8b

グラゼニ | とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-読書
-, ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.