読書

[マンガ]グラゼニ 〜東京ドーム編〜 1巻[アダチケイジ]「鈴木監督の細部に気を配った人心掌握術。フォアボールの練習をする夏之介?」

更新日:

2015/1/23発売。
モーニング「ジャイアントキリング」と共に好評連載中、「お金」をテーマにした野球マンガ「グラゼニ〜東京ドーム編〜」1巻の感想です。
 
※ネタバレ注意!
 
広告


 

本はこちら


グラゼニ~東京ドーム編~(1) (モーニング KC)
 
あご髭をそり、文京モップスのユニを着た主人公、凡田夏之介が表紙。
帯文字は「夏之介の"一億円"は東京ドームに埋まっている!!」
 
なお、表紙カバーの左上。
「HELL OR HEAVEN」の文字が。
今までは、過酷な環境ながらも、どこかほんわかしたムードでしたが。
今巻はドロドロピリピリしてます。。

収録内容

「契約」から「東京ドーム開幕戦の初登板」まで。
 
・契約
・記者会見
・壮行会
・イースタン編(練習、後輩への特訓、試合)
・ホーム開幕戦で初登板

前巻の内容をざっくりと

前作「グラゼニ」17巻の続きが今巻になります。

グラゼニ(17)<完> (モーニング KC)< 完> (モーニング KC)
 
・メジャーのボストン・ブルーソックスでマイナー契約を結んだ夏之介は、オープン戦で活躍。
・ついにメジャー昇格か?・・と思いきや、突然の解雇!
・原因は「レジェンド級の大物投手の電撃入団」「代理人の暗躍」
・帰国した夏之介は、日本一の人気球団「文京モップス」に入団を決める!
 
詳しい感想はこちらに書きました。
 
広告


今巻の感想

雑感

球界の盟主「文京モップス」と、年俸八千万、出来高二千万(50試合登板が条件)の契約を結んだ夏之介。
 夢の一億円プレーヤーまであと少し!
・しかし、50試合登板に暗雲漂う。
 ・中継ぎ陣のレベルの高さは言わずもがな。
 ・「外様」の夏之介に対する「生え抜き」からの悪意・嫉妬・嫌がらせ。
  ネチネチドロドロ、あーイヤだイヤだ。。
  「文京モップスは紳士たれ」その内部はこんなんなってました!
  このマンガ、ナベツネから抹殺されないか、心配。
 ・夏之介は、うっかり鈴木監督との親密な間柄を話してしまった。
  その結果、余計に猜疑心を呼び込む羽目に。。
  新参者は、新しい職場では細心の注意を払った行動をしないといけないね。。
 ・鈴木監督と能田一軍ピッチングコーチの間で意思疎通にズレが。夏之介はモチベーションの維持に苦労する。
 
・壮行会にて、中継ぎの同僚であり最大のライバル、辻本投手らと顔合わせ。

グラゼニ(5)
 
 辻本投手とは、5巻で酒に酔った夏之介とオトワラジオでやり合って以来・・かな?気まずい。
 
・新婚のユキさんとはまだ敬語。初々しい。
 そういえばユキさんの関西弁垂れ目は黒歴史化?

鈴木監督の人心掌握述

・大勢の記者が詰めた部屋での入団記者会見。
 夏之介は、モップスシンパで交友のある、東東スポーツセキネ記者と仕組み、会見中に「髭剃りパフォーマンス」を見せる。
 これも球団に忠誠心を見せるため。
 
・そしたら、更に上手のパフォーマーがいた!それはモップスの鈴木監督
 どうみても巨人の若大将です。
 ・札幌に移動したチームから1人離れ誰にも告げずに会見場に突然登場!夏之介にユニフォームをかける役を買って出るサプライズ!
  自分のセコいパフォーマンスが恥ずかしくなる夏之介。この瞬間「夏之介<<鈴木監督」の図式が完成。もう頭が上がらないわ。
  セキネ記者「これは最高の人心掌握だわ!」
  夏之介の敏腕代理人 ダーティ桜塚は「お前はモップスの監督をこの席に引っ張りだしたんだ」とほくそ笑む。
 
 ・夏之介のグラブを借り、一晩で全く同じ型の「モップスカラー」グラブ(すぐに使えるよう手入れ済)を作って届けさせる。
  「このモップスオレンジに忠誠を誓え」という意味を込めて。
  早くも夏之介に踏み絵を踏ませる鈴木監督。
 ・次の壮行会では、監督自ら、夏之介を親会社の役員などのお偉いさんに紹介して回る。
  特別待遇アピールだね。
 
・鈴木監督の方は、今年は優勝しないとクビ確実だという事情があるにせよ。
 新入団選手への細心な心配りと対応は「お見事」の一言。
 夏之介は恩義を感じ、監督のために頑張ろうという気になったでしょうね。
・上司の一番の役目は、仕事ができること・・ではなく、「部下に気持ちよく仕事させる環境を作ること」
 鈴木監督はそれをよく分かっている。これだけでも名将の器があるでしょうね。

フォアボールの練習?

・メジャー解雇&ドタバタ移籍で、コンディションがイマイチな夏之介。
シーズン開幕に間に合わず、まずはイースタン(二軍)で練習&試合出場することに。
・首都高4号線を調布で降り、下道で読売ランドへ、モップス球場に到着。
 
モップスタイム(いついかなる場合でも集合時間は指定の30分前)、同級生の鳥海・ファームのピッチングコーチ雨野、若手杉里の嫌がらせ、二軍でも1億前後の選手がゴロゴロいる環境・・などに四苦八苦。
 
・そんな中、杉里が夏之介に嫌がらせを兼ねて弟子入りすることに。
 最初は拒否したものの、結局レクチャーすることを決意した夏之介。
・そのレクチャーの内容がぶっ飛んでる
 コントロールが命の中継ぎ 夏之介が教えたのは。
 なんとフォアボールの練習
・自分も杉里も才能がない・・と見切った上で、弱者の戦略をレクチャーします。

 夏之介
「ボール球に手を出してくれて凡打になってくれたら儲けもの」って時があるじゃない
おれはね・・
ココから・・ (※四隅の内角高めから、反時計回りに一周)
10球連続でボール球のみを投げる練習をする!
一球でもソコから外したらまた最初からやる!

あわよくば手を出してくれる、ストライクゾーンに最も近いボール球の練習です。

 夏之介
もし年間・・
この「あわよくば・・」で5つアウトを穫れたとしたら・・
「中継ぎピッチャー」としたらものすごく己を助けることになる!
お前・・
ボール球を10球続けられるコントロールあるか?
さあ投げてみろ!
これが"弱いピッチャー"の練習方法だ!
いいか
1ミリたりともストライクゾーンに入れるなよ!

これが、昨年の優勝チームのセットアッパーの練習!
 
・昔、似たような話が、

グラゼニ(2)
 
 2巻で助っ人外国人のトーマスが登場したときに出ましたね。
 ベンチが「夏之介はボール球を投げられる勇気を持っている」と。
 その勇気の練習ですね。
 
・杉里は、10球連続に何度も失敗した上に
 「コントロール重視で腕が触れてない(転向したてのサイドスローなのを差し置いても)」
 「外そうとしたボールがシュート回転して"内"に入ってくる(この球は打者はとっても打ちやすい)」
 「夏之介曰く「最悪のコントロール」
 とボロボロ。
・実力が無い投手が、ストライクゾーンにポンポン投げては、勝負にならない。
 夏之介は「男らしい」「武士」だと皮肉を混めて評する。
  
・一方夏之介。
 あっさり10球連続成功した上に、腕をしっかり振って強く投げる。
 その上で駄目押しの台詞。

 夏之介
おれは少なくとも練習では・・
これくらい腕を強く振って100発100中狙ったとこに投げきれなきゃ・・
試合(ホンバン)に臨む勇気は持てない!
そして・・
それでもマウンドに上がったら逃げまくる!
なかなかストライクゾーンにボールがいかない
おれは一体どんな臆病者なんだよ・・?
ーーってな

 ああ、夏之介、かっこいい!
 
・次の話で、夏之介は、イースタンの試合に登板。
 杉里に「全球ボール1個分だけ外したボール球のみを投げ続ける」宣言。
 実際その通りにした上に、全部ストレートで、3人を内野ゴロに打ち取ります。
 緩急をつけ、内外高低に差をつけ、配給を工夫しただけで、打者はボール球を振ってくれました。
 
ストライクを投げないのに、バッターとの駆け引きで、打ち取ることができる。
 中継ぎ投手の理想型、極意ですね。

二軍は掌握。さて一軍は?

・イースタンを離れる頃は、杉里や鳥海を始めとした二軍メンバーに実力を認めさせ、あっさり溶け込むことが出来た夏之介。
  これが1軍でもできるのか?
 
・東京ドーム初試合で、1点リードの状況で登板した夏之介は、二人を打ち取り、三人目を打ち取ったかにみえたが・・。
 ここで「モップスの洗礼」が・・?
 
次巻へ続く。

他のグラゼニの感想

//tokainakurasi.net/archives/tag/%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%bc%e3%83%8b

グラゼニ | とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-読書
-, ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.