病気

(追記有)[花粉症]花粉症シーズン到来!症状の基本、本当か嘘か対策、私が今年試す薬についてまとめました。

更新日:

この記事を書いてるのは2015/2/8(日)。
暦の上では春(立春は2/4頃)となり、いよいよ恐怖の花粉症シーズンが始まりました。
 
この記事では、主にヒノキ花粉に困っている私が、花粉症の基礎と、花粉症対策(実現不可能な完璧な対策から対策グッズまで)、私が今年試す花粉症の薬について書きます。
 
※2015/5/17、今年の花粉症の症状について最終結果を書きました。
 
広告


 

花粉症の基礎

今更という気もしますが、基礎から書きます。

花粉症のメカニズム

http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/mechanism.html

花粉症のメカニズム|花粉症ナビ

花粉症はスギヒノキなどの花粉が原因となるアレルギー性の病気です。

花粉症はアレルギー症状。
上記リンク先にわかりやすいイラストが載っていますが、文章での説明の中から結論だけ以下に抜き出します。

[5]再び花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。
[6]その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉をできる限り体外に放り出そうとします。
・・・そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状が出てくるのです。

鼻や目に花粉が入るのが原因。
くしゃみ・鼻水・涙が出たり、鼻づまりになるのは、花粉に対する体の正常な防衛反応のようです。
 
なお私の症状は「くしゃみ」「鼻水」「涙」「喉が風をひいたようにヒリヒリ傷む」「頭痛」です。
外出時はマスク必須、サッカースタジアムではティッシュ1箱を持参して鼻をかみながら観戦するほどです( ;´Д`)

期間

花粉の飛散量と症状の関係|花粉症ナビ
上記リンク先に、代表的なスギ花粉とヒノキ花粉のピーク時期グラフが載っています。
 
私の花粉症の症状は、2月からじわじわきて、2月末からGW前が一番酷いので、主にヒノキ花粉ですね。。

これができたら苦労しない!完璧な花粉症対策

海外移住する

これが完璧な対策です。
花粉が無い(または少ない)海外に行けばよいのです。
 
以前、3月に韓国旅行した際に、金浦国際空港に降りたとき。
マスク無しでも全く症状が出ませんでした。
成田空港に戻ってきたら、すぐに症状が出てきました。。
 
こちらによると、韓国の花粉がゼロというわけではないそうですが、人工林がないために、症状が出にくいようです。

国内の他の地域に移住する

海外移住なんて出来ない!という方は。
日本国内の移住はどうでしょうか?
 
花粉カレンダー|花粉症ナビ
上記リンク先に、スギ・ヒノキをはじめとするイネ・ブタクサなどの花粉が、日本のどの地域で・いつ多くなるか?のグラフが載っています。
例えばシラカンバ(カバノキ科)の花粉は東北と北海道しかないので、関東以南に移住するとか。
スギ花粉は北海道だと期間が短く量も少ないので、北海道に移住するとか。
 
花粉が辛くて生活できない!という方は、このような決断もありかと。
これでも難易度が高すぎですがね。。
 
なお私は、3月に北海道に旅行にいったときは、マスクなしだと花粉症状が出ました。。

症状が出たらすぐ休む

昨年(2014年)の春。
若干花粉の飛散量が少なかったこともあるでしょうが、私はあまり症状に悩まされませんでした。
 
理由は「病気でずっと自宅療養してたから」
・外出をあまりしなかったから、そもそも外で花粉を浴びる機会が少なかった
・症状が出て辛くなったら、すぐ帰宅して着替え、フロに入って花粉を落とし、寝ることができた
 →花粉が目と鼻に入ったら、しばらくアレルギー症状が続いてしまうので、まずは体・目・鼻に付着した花粉を落とし、花粉が入らない環境で体を休めて体力を回復させると、アレルギー症状が消えます
・働いてた時期に比べ、ストレスが少なく、バランスの取れた食生活が出来やすかった
 →食生活と不規則な生活リズムが症状悪化の原因の1つ
 
・・・はい、普通の生活をしている人には無理ですよね( ;´Д`)

花粉を一切目と鼻に侵入させない

前述のように、目と鼻に花粉が入るのがまずいので。
 
外出時は、宇宙服のような完全に空気を遮断できるものを被りましょう。
 
できるか!

花粉症の対処療法

前述の手段が取れない方。
頑張って対処療法して乗り切りましょう。
 
花粉症対策の基本|花粉症ナビ
上記にも書いてあるので、よく読んでください。
 
以下、私の体験を交えて、個人的に効果があったか?を書いていきます。
 
※個人差がありますので、あくまで参考程度にお願いします。

鼻対策:完璧ではないけどマスク必須

基本中の基本、マスク。
 
これで鼻は守れるはず・・なんですが。
 
マスクでは風邪も花粉も防げない?買うだけお金の無駄 プリーツ型も立体型もダメ | ビジネスジャーナル

しかし、実はマスクには思いもよらぬ落とし穴がありました。それは、顔とマスクとの間にすき間ができていて、そこからウイルスや花粉などが侵入してきてしまうということです。

リンク先では、プリーツ型も立体型も隙間がある・・と書いてあります( ;´Д`)
やはり空気が侵入しないヘルメットをかぶらないと・・( ;´Д`)

サニーク 快適さわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入
 
それでも、無防備に鼻をさらすよりは効果あり。
安くて大量に入っているマスクを購入すべきです。
 
もちろん、マスクで目は防げませんがね。。

鼻対策:ちょっとよいティッシュを使う

鼻水が出る場合の二次被害。
普通のティッシュだと、鼻をかみすぎて鼻の周辺が赤く腫れ上がり、見た目も悪くなるし、何より痛い。

エリエール 贅沢保湿 200組×3個パック
  
私は2月末からGW前まで、ちょっとお高いけど柔らかくて鼻に優しいティッシュを使います。
または「花粉症用」と書いたティッシュを使えばよいかと。
ドラッグストアには花粉症用のポケットティッシュも売ってます。お高いですが。

目対策:コンタクトよりメガネ

こちらは目の対策。
 
花粉症対策の基本|花粉症ナビ

●外出時は完全防備
帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけて。コートもツルツルした素材を選びましょう。

単純に、目に入る手前で、メガネがガードしてくれるからです。
 
これもしないよりはマシ程度です。
マスクの話と同じく、メガネは上下左右に隙間だらけなので、花粉は目に侵入します。
 
でも、コンタクトよりマシ。
・水際防衛が全くできず、目の側まで花粉が到達していまう
・コンタクト自体に花粉がひっつくと、簡単に花粉を洗い流せない
・涙が出たら辛い
 
なお、

ビジョンベルデ 保護めがね 軽量 可動式ソフト鼻パッド 両面曇り止め MP822
 
「花粉対策メガネ」とか「花粉症対策&曇りにくい度付きのメガネ」を試したりことがありますが。
普通のメガネより目を覆ってくれるのは真実ですが、それでもどうしても上下左右に隙間が空くので、完全に花粉をシャットアウト出来ませんでした。
人それぞれ骨格や顔の形が違うので、オーダーメイドしないとダメなのでは・・。
 
普通のメガネより効果はあるでしょうが、過信は禁物です(私は使うのを諦めました)。

鼻と目の対策:洗浄液は?

まず、鼻に入った花粉を洗い出す洗浄液。

ハナノア 300ml
 
2年前に使った限りでは、個人的には、効果があったか疑問でした。
洗うのに苦労するわりには・・。
鼻はスッキリしますがね。
鼻をかむと、花粉がある程度体外に出るからかな?

ニューアイカップ ペット
 
まだ目の洗浄液の方が効果があった気がします。
目がスッキリしただけかもしれませんが、目に付着してる花粉を洗い流すのは難しいので、これの効果はあるかと思います。

顔用スプレーと鼻に塗る軟膏

次は新タイプ。

アレルシャット 花粉イオンでブロック 160回分
 
この顔に書けるスプレー、昨年試しました。
効果・・う〜ん?
完璧では無かったと記憶してます。

アレルシャット 花粉 鼻でブロック チューブ入 30日分
 
鼻の入り口に塗る軟膏タイプは、一定の効果がありました。
ただ、この軟膏だけでは、花粉を防げずに症状が出てしまいました。。
 
今年の製品はどこまで効果が上がったのか、まだ試してないのでわかりませんが。
「マスク」+「メガネ」+「鼻に軟膏」+「顔にスプレー」の組み合わせがよさそうです。
 
外出時、どうしてもマスクやメガネを外さざるを得ない場面が出ますからね。そのときの保険として。
 
ああ、お金がかかるなあ。。

その他は?

昔からよく聞くのが「レーザーで鼻の粘膜を焼く」。
試してないのでなんとも。
効果絶大とか、少ししたら効果がなくなったとか、噂は聞きますが、治療費と痛みと後遺症がちょっと不安なので。。
当ブログではパス。
 
食事療法もよくわかりません。
あるお茶を飲むとか、ヨーグルトとか・・。
検索すると、怪しいアフィリエイトサイトがぞろぞろ・・。
高いビタミン剤を飲んだこともありましたが、効果を実感できず・・。
前述のように、規則正しく、バランスの取れた食事をすると、症状が和らぐのは事実です。
ただ、個人差がありますので、何が効くかは一概に言えないかと。
間違った花粉症対策|花粉症ナビ

お茶、アロマテラピー、ヨーグルトなどで花粉症が治る?
残念ながらこれらは治療薬ではありませんので、すでに発症した花粉症の症状をしっかりと抑える効果は基本的に期待できません。
花粉症の症状軽減について報告しているものも中にはあります。ポリフェノールの抗酸化作用や乳酸菌のプロバイオティクス効果などはアレルギーに対しては薬ほど大きくありません。薬でしっかりと治療することが大前提です。根拠がしっかりしていないものも多く存在しますので注意が必要です。

上記サイトの意見に私も同意です。
一定の効果があるものもあるでしょうが、花粉症対策の基本は通院して薬でしょうね。

今年私が試す薬はこちら

さて。
2015年1月末。
今年も病院に行って薬をもらってきました。
 
間違った花粉症対策|花粉症ナビ

花粉症は、症状が出てから治療すれば良い?
毎年、花粉症でつらい思いをしている方は、症状が出る前や軽いうちから治療を開始する「初期療法」をおすすめします。花粉が飛びはじめる2週間ぐらい前から第2世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬などの経口治療薬を投与する治療法です。
前もって薬を飲みはじめることで、症状が出る時期を遅らせ、花粉が飛ぶ最盛期の症状を軽くする効果が期待できます。

早めに通院するとよいのだとか。
 
通院先について。
耳鼻科でもOKですが、私は内科にいって点鼻薬・目薬・飲み薬をもらっています。
 
昨年試した薬では完全に治らないので、今年は新薬を試すことに。
IMG_2690.JPG
ザイザル錠5mg、リノコートパウダースプレー鼻用25ug、パタノール点眼液0.1%の3つ。
 
ザイザルは眠気が出るので、寝る前に飲みます。
 
点鼻薬、粉になってました。
まず容器をトントン叩いてから、左に回すと噴射できます。
IMG_2691.JPG
最初に使った時、鼻に本当に噴射されたか実感できないほど感触が無くて、何度も押してたら、容器に表示される残り回数(MAX60回)が50手前まで減ってました_(:3 」∠ )_
液体だと入ったことがすぐわかるんですが・・。
薬代、高かったのに・・。
 
この薬、まずは1ヶ月使って、問題が無いなら、私の花粉シーズン終了のGW前まで、使い続ける予定です。
効果があったかは、5月過ぎにブログに書く予定です。
→このすぐ下に、3月末の状況を追記しました。
 
みなさん、頑張って辛い花粉シーズンを乗り切りましょう!

追記)3月末の状況:ザイザル錠5mgが効いてる?

この追記を書いてるのは2015/3/28(土)。
1月末に内科でザイザル錠5mg、リノコートパウダースプレー鼻用25ug、パタノール点眼液0.1%の3つを処方されてから2ヶ月。
その後の経過ですが。
ほとんど花粉症の症状が出ていません。
 
まだ本格的花粉シーズンではない(関東はそろそろ桜が満開になる時期)ので、油断は禁物ですが・・、現時点ではこの3つ、おそらく今年から使いはじめたザイザルが効いている気がします。
 
また来月あたりに追記します。

追記)5/17 花粉症シーズン終了後の状態

5月のGWを過ぎた頃から。
私はマスクなしで外出できるようになりました。
花粉症シーズン終了です。
 
今年の私は、ほとんど苦しみませんでした。
初めて飲んだザイザル錠5mgが効いたようです。
来年もこれを飲みたいと、今から考えていますヽ(゚∀゚)ノ
 


広告

花粉症がいますぐラクになる本―これ一冊でOK!最新薬から体質改善まで完全ガイド! (ぶんか社ムック)


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-病気
-

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.