働き方

[派遣]労働者を守る「労働者派遣法」改正で日雇い派遣原則禁止!ただし例外に該当すれば仕事ができました。

更新日:

前回の続きです。
 
今回は、1月に短期派遣のみをやってみた感想です。

※今回の記事は2015年1月の情報で書いています。
 派遣に関する法律・制度は変化が激しいため、個人で最新の情報を入手するよう、気をつけてください。
※事実を逸脱しない範囲でぼかして書きます。ご了承ください。
 
広告


 

1月の短期派遣は上手くいかず

結論から言うと、うまくいきませんでした(´;ω;`)
 
私は約二年半ぶりに働くので、体力とメンタル面で不安があるため「1日〜の日雇いor短期の業務を中心に」「週に3日ペースで定期的に毎週の仕事」を希望しました。
 
しかし実際は「1月の31日中、仕事がもらえたのは1/3くらい」「1日だけの仕事は全部できなかった」「週5日 or 週2日の不定期な仕事」でした。

最大の壁は労働者派遣法の改正

今は、日雇い派遣は原則禁止なのです。
派遣に関する法律~3分でわかる労働者派遣法の改正|人材派遣のお仕事なら【スタッフサービス】

 「派遣労働者」を守るための法律「労働者派遣法」
2012年(平成24年)10月1日より、「労働者派遣法」が改正、施行されました。

労働者派遣法の変更の全ては上記を参照してください。
 
今回、私が困ったのは以下でした。

・ポイントその1 「30日以内の日雇い派遣の原則禁止」
禁止の例外として認められている業務(ソフトウェア開発、通訳など18業務)と、「60歳以上の方」「主たる生計者以外の方」等の条件にあてはまる場合などを除いて、30日以内の日雇い派遣が禁止になりました。

例えば。
1日〜3日くらいの事務系の仕事を見つけたので、応募したのですが。
「上記の例外に当てはまらないあなたには、この仕事は紹介できない」と断られました。
「60歳以上の方」「主たる生計者以外の方」に当てはまりませんでした。
よく説明をみると、その通りの条件が書いてありました。見逃してた。。
 
日雇い派遣の社会問題を考慮しての、派遣労働者を守るための法律改正。
実際、それで助かった人も多いでしょうが。
今回の私のように「まずは1日〜の仕事から」を望む「59歳以下の単身者」にとっては、仕事の選択肢を狭める結果となりました。

救いは例外に該当する仕事ができたこと

幸いにも、私には突破口がありました。

・ポイントその1 「30日以内の日雇い派遣の原則禁止」
禁止の例外として認められている業務(ソフトウェア開発、通訳など18業務)と、

私は元SEであり、このソフトウェア開発関係の仕事ができるのです。
 
その結果。
なんとか週2日や週3日の仕事をみつけ、働くことができました。
 
ただ、このソフトウェア開発の例外が、多くのSEやプログラマーを苦しめているのかもしれませんが・・。
それについては、またいつか。

次回は仕事が見つからない話

今回の話の続きをする予定です。
苦労しました。。

こちらに書きました。

その他の派遣についての記事はこちら

//tokainakurasi.net/archives/tag/%e6%b4%be%e9%81%a3

派遣 | とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜

 
広告


派遣に関する他の記事はこちら

//tokainakurasi.net/archives/tag/%e6%b4%be%e9%81%a3

派遣 | とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-働き方
-

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.