読書

[マンガ]アカギ (29)[福本伸行]「ついに麻雀の欠片も無くなった地獄編その2。鷲巣様のスピンオフ作品でした。」

投稿日:

※もうこれはネタバレしていいですよね。。
 
2015/3/2発売。
麻雀漫画、アカギ29巻の感想です。
 
広告


 

本はこちら


アカギ 29 (近代麻雀コミックス)
 
すごい、Amazonレビューで☆1連発( ;´Д`)

前巻の感想をざっくりと


アカギ【通常版】 28 (近代麻雀コミックス)
 
以下に感想を書きましたが、
アカギ28 福本伸行 「ついに麻雀しなくなった地獄編」

麻雀しろ!

これ以上、感想ありませんでした。
 
でもこの29巻に比べると、28巻の方がまだ麻雀の場面があってよかったかも。

今巻の全体的な感想

 
・全体の流れはこんな感じ。
 鷲巣が地獄の鬼に反撃。鬼は裸足で、その脚をひたすら突く鷲巣
 →鬼、ビビって逃げる( °ω°)
 →他の人間達からリーダーに祭り上げられる鷲巣
 →鬼のボスが登場
 →鬼「裸足だから人間に脚をつっつかれる」リーダー鬼「ブーツ軍、行け!」
 →ブーツ効果で防御力がアップした鬼達、人間達を一蹴
 →しかしそれは鬼達を油断させる鷲巣の策だった。こっそり接近していた鷲巣、リーダー鬼の顔にへばりつく!
 →顔や頭や口の中を突きまくる鷲巣。「苦しみを味あわせるために絶対に死なない」地獄の人間の特製を生かし、最後は口の中に飛びこんで、胃酸で溶けても復活するたびに体内を突きまくると脅す
 →リーダー鬼、完全にビビる( °ω°)
 →ここで大ボス、閻魔大王登場!
 →さすがの鷲巣も、謎の力によって土下座強要
 →屈辱を味わううちに、現世でアカギに同じ屈辱を受けたことを思い出した鷲巣(ここまで現世の記憶を失っていた)
 →鷲巣、怒りで現世とつながったとかなんとかで光に包まれ、なぜか巨大化( °ω°)
 →閻魔大王を張り飛ばす
 →閻魔大王「仏陀様にも殴られたことなかったのに」
  これが今巻最後のコマ( °ω°)まさかのギャグ〆で30巻へ続く
 
・ご覧の通り、最後まで麻雀要素皆無。
 回想シーンでかろうじて麻雀卓と麻雀牌が表示されたのみ。
・全く麻雀漫画ではない。1冊丸ごと、鷲巣のスピンオフ英雄譚です。
・鷲巣が好きなら面白いかもしれない。でも「アカギ」でやる話では全くない。
 
・好意的にとれば、この地獄での活躍により、現世に戻った鷲巣はパワーアップするんだろうけど。
 もう決着が突きかけた鷲巣麻雀の延命にしかならないような。
 
・著者はともかく、編集はなぜ止めなかったんだこれを。
 
広告
 

他の福本伸行の記事はこちらから

アカギ28 福本伸行 「ついに麻雀しなくなった地獄編」
 
福本伸行 | とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜
カイジの感想などは上記にあります。


 
( ・∀・)つ最後にブログ村とSNSのボタンをクリックしていただけると、ちゃさん感激!
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 草食系男子日記へ
にほんブログ村
 

広告

広告

-読書
-, ,

Copyright© とかいな暮らし 〜都会生活ときどき田舎〜 , 2017 AllRights Reserved.